シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

シネマトゥデイ GENERATIONSメンバー集結!片寄涼太は『CINEMA FIGHTERS』第4弾で英語セリフに挑戦

EXILE HIRO、俳優の別所哲也、作詞家・小竹正人らによるプロジェクトの第4弾となる『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』(2021年公開予定)の監督・キャスト発表が、27日に明治神宮会館で開催された「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」(SSFF&ASIA)アワードセレモニーの場で行われ、作品に参加する GENERATIONS from EXILE TRIBE のメンバーが意気込みを語った。 詩、音楽、映像を融合することを目的に、小竹の詞の世界観を短編映画化する『CINEMA FIGHTERS project』シリーズの第4弾となる本作。SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭という豪華監督陣による6本の短編作品の主演は、GENERATIONSのメンバーがそれぞれ担当する。 エグゼクティブ・プロデューサーを務めるHIROは「今回、第4弾ということで初めてGENERATIONSが、チームとして『CINEMA FIGHTERS』とコラボさせていただきました。すばらしい監督に囲まれて、ひとりひとりの個性を引き出していただければと思います。まだ全部の作品が完成したわけではないのですが、完成するのをとても楽しみにしています」とあいさつ。 SABU監督作品に主演する佐野玲於は、「自分も映画を観るのが好きなので、SABU監督のいちファンとして、タッグを組めたのは光栄でした。SABU監督の第一印象は『パンクな方なんだな』と個人的には思いましたが、監督とやり取りをさせていただいて、ニュアンスをつかんだりするのに、それほど時間がかからなかったというか。理解をし合いながら作品に携わることができたかなと思っています」と述懐。 そして新城監督作品に主演する関口メンディーは「新城監督は、片寄涼太や白濱亜嵐と映画を撮っていますが、僕は2人とは違う存在なので、できるかなと不安な部分もありました。ですが、すごく生感がある大人のラブストーリーで、自分としてもやったことがない役柄でとても勉強になりました」とコメント。 その新城作品に主題歌で参加する数原龍友は「メンバーであるメンディーくん主演の作品の主題歌ということで、音楽で携われるのはうれしいです。まだ歌入れの前に、台本を読ませていただき、すごく自分の思いとリンクする部分がありました。あらためてこのプロジェクトに参加できてうれしかったなと思いましたし、たくさんの方にこの作品が届けばいいなと思います」と話した。 また、山下監督作品に主演する白濱亜嵐は「ここ最近、自分は貴族だったり、大富豪だったりと、けっこう劇画チックなキャラクターを演じることが多かったのですが、今回は山下監督とやらせていただき、とにかくナチュラルにと。自然を意識して演出していただき、芝居をあらためて基礎から見つめ直すことができて、すてきな経験ができました」と自負する。 さらに真利子監督作品に主演する片寄涼太は、これからだという撮影について「半分くらい英語のセリフがあるんですが、今は撮影に向けて練習しているので、そこも見どころだと思います」と明かした。 森監督作品に主演する中務裕太は、「森監督はお会いした時に、僕のキャラクターをすぐに理解してくださり、より僕の素に近い状態の役にしてくださいました。僕自身すごくリラックスして、力まずに役に取り組むことができ、すごくいい経験になりました」と手応えを感じている様子。 そして久保監督作品に主演する小森隼は、「久保監督とタッグを組むということで、僕のことを10代から知ってくださっている久保監督が思い描く、今まで見たことのない僕の部分というのはどんなものなんだろうと思いました。そして久保監督が思い描く画はどんなものなんだろうと。これから撮影なのでワクワクしているとともに、自分にできることと向き合いながら、頑張りたいと思っています」と語った。 最後に「今、監督の話や、メンバーの話などを聞いていて、僕自身もワクワクしています」と期待を寄せるHIROは、「来年公開予定ですが、その時は今までにないようなイベントだったり、催し物だったり、すごく面白いエンタメとして成立させて、お届けしたいと思います」とメッセージを送った。

再生時間
00:01:42
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ