シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

シネマトゥデイ 長渕剛の急病に広末涼子、飯島直子ら主演映画の共演者がエール

長渕剛の主演映画『太陽の家』(2020年1月17日公開)の完成披露舞台あいさつが23日に都内で行われた。当初登壇予定だった長渕は、急病のために急遽欠席。落胆するファンも多かったが、この日は共演者の飯島直子、山口まゆ、潤浩(ゆんほ)、広末涼子、権野元監督が来場し、長渕の破天荒エピソードなどを明かして会場を盛り上げた。 イベント開始前、主演の長渕が急遽欠席することが伝えられた。長渕は12月20日に腹部の強烈な痛みと高熱のため救急搬送され、現在は都内の大学病院で入院中。医師より急性腎盂腎炎と診断され、現在も絶対安静の状態が続いている。本作のプロデューサーから長渕本人によるメッセージも読み上げられ、そこには、「あぁ残念で仕方がない。そこへ行きたかった。体が病室から出ることを許されなかったけど、心はみんなと同じ場所にあると思っています」という無念と熱い思いがこめられていた。そして「今はしっかり治して、新しい年の初日の舞台あいさつには必ず元気な姿を見せます」という力強い言葉で締めくくられていた。最初は落胆の声を抑えきれなかった観客も、その理由を聞くと納得の様子。その後は、空いたステージセンターに長渕の存在を感じながらイベントを楽しんでいた。 〜見どころ〜 ミュージシャンで、ドラマ「とんぼ」や『英二』などで俳優としても活動してきた長渕剛が主演を務めるヒューマンドラマ。大工の棟梁とある母子との交流を、家族や弟子たちとのエピソードを絡めながら描く。ドラマ「相棒」シリーズなどの権野元が監督、『牙狼 GARO 』シリーズなどの江良至が脚本を担当。共演に『メッセンジャー』などの飯島直子、『ゼロの焦点』などの広末涼子、『まほろ駅前』シリーズなどの瑛太らが名を連ねた。 〜あらすじ〜 こわもてだが人情が厚く、木と向き合うと神業的な腕を発揮する大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)は、仕事を支え家庭を守ってくれている妻(飯島直子)と年ごろの娘(山口まゆ)がいるにもかかわらず、好みの女性には弱い。ある日、弟子の入江たちと現場に出ていた川崎は、保険会社の営業・池田芽衣(広末涼子)と知り合う。彼女がシングルマザーで、龍生(潤浩)という父親を知らずに育った息子がいるのを知り、何かと面倒を見るようになる。 劇場公開日:2020年1月17日 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024063 公式サイト:http://taiyonoie-movie.jp/ (C) 2019映画「太陽の家」製作委員会

再生時間
00:00:59
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ
GYAO! 広告

映像一覧