シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

シネマトゥデイ 柳楽優弥、舞台あいさつで“セルフ”スローモーション⁉︎

映画『ターコイズの空の下で』の初日舞台あいさつが行われ、柳楽優弥と監督のKENTAROが登場。映画公開の喜びを語った。 〜見どころ〜 モンゴルを舞台に、国籍の異なる二人の男性が旅に出るロードムービー。何不自由なく育った日本人の青年と馬泥棒のモンゴル人男性が、行方の分からない女性を捜す。KENTAROが監督と脚本を担当し、青年を『誰も知らない』などの柳楽優弥、馬泥棒をアムラ・バルジンヤム、祖父を数々の作品に出演してきた舞踏家・麿赤兒が演じている。本作は第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭で、FIPRESCI賞(国際映画批評家連盟賞)と才能賞を受賞した。 〜あらすじ〜 大企業経営者の三郎(麿赤兒)の孫タケシ(柳楽優弥)は、怠惰な日々を送っていた。ある日、モンゴル人のアムラ(アムラ・バルジンヤム)が、三郎の所有する競走馬を盗んで逮捕される。第2次世界大戦終結時にモンゴルで捕虜となり、かつて現地の女性との間に娘をもうけた三郎は、アムラとの出会いをきっかけに生き別れの娘を捜そうと思い立ち、孫のタケシをモンゴルに行かせる。 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025777 公式サイト:http://undertheturquoisesky.com/ (C) TURQUOISE SKY FILM PARTNERS / IFI PRODUCTION / KTRFILMS

再生時間
00:00:47
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ