シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

シネマトゥデイ ウィル・スミス、江原正士&山寺宏一の吹替に興味津々!

俳優のウィル・スミスが17日、都内で行われた主演映画『ジェミニマン』のジャパンプレミアに、日本語吹替版で自身の声を担当する江原正士、山寺宏一と登壇。日本の実力派声優2人の吹替に舌を巻いていた。イベントには、アン・リー監督、ジェリー・ブラッカイマー(製作)、日本語吹替ゲストの菅野美穂も登場した。 5月に映画『アラジン』のプロモーションで来日したばかりのウィルだが、日本のファンの温かい歓声を受けると、「ミナサン、コンバンワ! 今回が10回目の来日です。毎回楽しくなっています」と笑顔であいさつ。「前回は『アラジン』、今回は『ジェミニマン』を引っ提げてきました。楽しんでください」と新作をアピールする。 本作は、腕利きのスナイパーとして恐れられる主人公のヘンリーが、自身の若い頃の姿をしたクローン(ジュニア)に追い詰められていくさまを描いたアクション。ウィルは主人公ヘンリーと、若きジュニアの一人二役に挑戦。「面白い体験」と撮影を振り返ったウィルは、一方で「年を重ね、経験や知識が増えると、それが体の中に蓄積されて細胞や目に表れるから、この年で若い頃の純粋無垢な感じを出すことは大変だったよ」と若きジュニアを演じる上での苦労もにじませる。 そんなヘンリーとジュニアの声を担当したのが、共にウィルの吹き替え声優としてもお馴染みの江原と山寺。ウィルから熱いハグで迎えられた江原は、「今回のウィルは非常に渋く、大人の影を感じたので、かなり仕込みました。今までで一番渋くて重いウィル・スミスになったと思います」と気合の役づくりを告白。一方の山寺も「今年、親友であるウィル・スミスと会うのは2回目。ベストフレンドです」と呼び掛けると、「今回は(『アラジン』と違って)歌はなかったんですけど、その分、繊細なお芝居を心を込めて演じました」と自信を見せた。  そんな2人の吹替をウィルも絶賛。「そういう手があったか……とか、僕もあんなふうにセリフを言えばよかったとか、いろんな表現を発見できるよ」とレジェンド声優たちの仕事に感服していた。 〜見どころ〜 『スーサイド・スクワッド』『アラジン』などのウィル・スミス主演によるSFアクション。若いころの自身のクローンに命を狙われる暗殺者が、陰謀に巻き込まれる。メガホンを取るのは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などのアン・リー。『10 クローバーフィールド・レーン』などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが共演。 〜あらすじ〜 腕利きのスナイパーとして、その名をとどろかせるヘンリー(ウィル・スミス)は、政府からのミッションに臨むが、正体不明の人物から襲撃を受ける。自分の動きや考えを見越しているだけでなく、バイクを使った武術を繰り出す襲撃者にヘンリーは苦戦を強いられる。やがてヘンリーは襲撃者を追い詰め、襲撃者の正体が若いころの自身のクローンだと知る。 劇場公開日:2019年10月25日 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024148 公式サイト:http://geminiman.jp/ (C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

再生時間
00:01:07
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ
GYAO! 広告

映像一覧