シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

シネマトゥデイ 『パラサイト』ポン・ジュノ監督、韓国と日本の映画産業の違いについて語る

映画『パラサイト 半地下の家族』のアカデミー賞受賞と日本での大ヒットを受け、ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが来日し、記者会見を行った。その中でポン・ジュノ監督は、日本映画に対する印象や、日本と韓国の映画産業の現在の環境について、自身の考えを語った。 〜見どころ〜 『母なる証明』などのポン・ジュノが監督を務め、第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した人間ドラマ。裕福な家族と貧しい家族の出会いから始まる物語を描く。ポン・ジュノ監督作『グエムル -漢江の怪物-』などのソン・ガンホをはじめ、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などのチェ・ウシク、『最後まで行く』などのイ・ソンギュンらが出演。 〜あらすじ〜 半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる。 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024506 公式サイト:http://www.parasite-mv.jp/ (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

再生時間
00:01:49
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ
GYAO! 広告

映像一覧