ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」
再生

ブラウザーで視聴する

ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」

待望の新曲「Heartless」と「Blinding Lights」をデジタル・リリース!Max Martinがプロデュースのダンスポップ楽曲!

再生時間
00:04:21
配信期間
未定
タイトル情報
ザ・ウィークエンド
ザ・ウィークエンドことエイベル・テスファイは1990 年2 ⽉⽣まれ、カナダのトロント出身。2010年にデモ音源「Loft Music」「The Morning」「What You Need」の3曲をYouTubeにアップしキャリアをスタート。2012年にメジャー・レーベル、リパブリック・レコーズと契約。無料配信していた3作のミックステープにボーナス・トラックを加えた3枚組アルバム『Trilogy』をリリースすると、全⽶ビルボード・アルバム・チャート初登場4位を記録。2013 年2ndアルバム『キッスランド』を発表、全⽶初登場2 位を記録。2014 年にはアリアナ・グランデのシングル「ラヴ・ミー・ハーダー」に客演、ザ・ウィークエンド自身初の全米TOP10入りシングル(最高7位)となった。2015 年、⼤ヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に「アーンド・イット」が起⽤され、全米3位を記録。同年発表したシングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」は、遂に⾃⾝初の全⽶No.1シングル(3週連続) に輝くと、続く「ザ・ヒルズ」も6週連続全米No.1となり完全にブレイク。2016 年4thアルバム「スターボーイ」を発表。1st シングル「スターボーイ feat. ダフト・パンク」が再び全米No.1に輝くと、2017年には同じくダフト・パンクが参加した「アイ・フィール・イット・カミン feat. ダフト・パンク」も全米4位というスマッシュヒットに。2018 年に入ると話題の映画『ブラック・パンサー』サウンド・トラックにケンドリック・ラマーと共演した「プレイ・フォー・ミー」で参加。3月には新作EP『マイ・ディア・メランコリー、』を突然のサプライズ・リリースし、全⽶アルバム・チャート初登場1 位を獲得。メランコリックでエモーショナルな独自の音楽性で世界を席捲する。