コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選
再生

ブラウザーで視聴する

コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

コヤマタカヒロ 2022年におうち焼き肉に使いたい ベストホットプレート3選

年末年始はもちろん、2022年に家族や友人が集まっての焼肉パーティからソロ焼肉まで、 いろんなシーンで活躍できるおすすめのホットプレートを紹介します。 ひとつめはレコルトの『ホットプレートRHP-1』。 このモデルの最大の特徴は各プレートにヒーターを内蔵しているため、 非常に高火力だということ。 標準で平面プレートやたこ焼きプレートが付属。 さらにオプションで穴あきのグリルプレートを用意しています。 グリルプレートは油を落としながら、高火力でしっかり焼き色がつけられるので、 おうち焼肉をするなら必須のプレートです。 ふたつめは『アビエン マジックグリルS』。 極薄サイズながら高火力で加熱調理できるマジックグリルシリーズの小型モデルです。 従来モデルとは異なり縁があるので、焼き肉だけでなく、 チーズタッカルビのような汁気のあるメニューにも対応できます。 最後はサンコーの『俺の石焼プレート』。 花崗岩プレートで食材をしっかり焼き上げることができる小型のプレートです。 なお、金属製プレートも付属しているので、料理によって使い分けが可能。 さらに下段でタレや具材を温められる鉄皿付き。 チーズを溶かじゃしたり、じゃがいもを焼いたりもできます。 ●レコルト「ホットプレート」 https://recolte-jp.com/products/hot-plate/ ●J-FUN「アビエン マジックグリルS」 https://abien-jp.com/products/abien-magic-grill-s ●サンコー「俺の石焼プレート」 https://www.thanko.jp/view/item/000000003863?category_page_id=ct270

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
コヤマタカヒロ
ファッション&カルチャー誌でライターとしてデビューした後、現在は最新のデジタル機器やPC、AV機器、白物家電など、デジタル機器と家電領域を専門分野として執筆活動を展開。モノ雑誌やファッション誌、ニュースサイト、メーカーサイト、オウンドメディアなどに寄稿。執筆以外にコンサルティング活動なども行う。