コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました
再生

ブラウザーで視聴する

コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

コヤマタカヒロ 話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました

話題の「BALMUDA Phone」をいち早く触ってきました トースターや コーヒーメーカーで有名なバルミューダからスマートフォンが出ました。ITな製品を取り扱うのは新ブランド「BALMUDA Technologies」。 第1弾の製品が「BALMUDA Phone」です。 最初にスペックを紹介しましょう ボディサイズは幅69×高さ123×厚さ13.7mm、重量約138g。 搭載するディスプレイサイズは約4.9インチで、解像度は1920x1080ドット。 プロセッサにはQualcommのSnapdragon 765 (2.3GHz/1コア+2.2GHz/1コア+1.8GHz/6コア)を採用しています。 通信は5Gに対応。指紋認証機能やNFC、IPX4、IP4Xの防水防塵機能も備えています。 SIMフリーモデルに加えて、ソフトバンクからも発売されます。 本体価格はSIMフリーモデルが10万4800円、ソフトバンク版が14万3280円(新トクするサポート適用で実質負担額は7万1640円)です。 ちょっとコンパクトで今までのスマートフォンとは違った立ち位置を提案。 ハイエンド!フラグシップ!新機能!といったスマートフォンではありませんが、 これまでの常識はずれな発想で新しい市場を開拓してきたバルミューダ。 これも一つの新しい選択肢になりそうです。

再生時間
00:01:15
配信期間
未定
タイトル情報
コヤマタカヒロ
ファッション&カルチャー誌でライターとしてデビューした後、現在は最新のデジタル機器やPC、AV機器、白物家電など、デジタル機器と家電領域を専門分野として執筆活動を展開。モノ雑誌やファッション誌、ニュースサイト、メーカーサイト、オウンドメディアなどに寄稿。執筆以外にコンサルティング活動なども行う。