ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第5話 2020年2月13日放送分

まで

【毎週木曜 よる9時00分放送】 横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。 だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

再生時間
00:45:01
配信期間
タイトル情報
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
刑事ドラマの、その先へ。
『ケイジとケンジ』は桐谷演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる横浜地方検察庁の検事・真島修平の異色バディが紡ぐ物語。仲井戸は今という時代に重視されるコンプライアンスなんて「?」状態で、「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる男。一方、真島は「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える男です。そんな“ツッコミどころだらけの発展途上”な2人は共に、“個々の正義感”をたぎらせながら数々の事件に立ち向かうことに…!
更新予定
木 21:59

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

ストア(有料) で作品をまとめて配信中!

production