クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

クルマとミライ「トヨタの本気の戦略 EV350万台の衝撃!」 2021年12月23日放送分

まで

トヨタ自動車は12月14日、2030年に電気自動車=EVの世界販売目標を従来の200万台から350万台に一気にひきあげる計画を発表した。会見の場では、EVに特化した新ブランド「bZシリーズ」の16車種を含む、フルラインアップ30車種がずらりと登場。高級車ブランドのレクサスにいたっては、2035年までにすべてのモデルをEV化する計画だ。脱炭素にむけた「本気」のEV戦略を発表したトヨタ自動車。その背景にあるのは…?

再生時間
00:03:00
配信期間
タイトル情報
クルマとミライ
日本経済を支える「自動車産業」。その自動車産業は今、“100年に一度の変革期”を迎えています。クルマづくりの現場で今、何が起きているのか?そしてクルマは未来に向けてどう変わっていくのか? 刻々と変化するクルマとその周辺で起こっている“今”をお伝えします。 
更新予定
金 00:00

次の映像

広告

映像一覧