クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!
再生

ブラウザーで視聴する

クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

クラシックバイクにピッタリ!シンプルで美しいグラムスターは軽くて機能的な拘りを感じるヘルメットだ!

今回はSHOEIから新発売されたネオクラシックフルフェイスヘルメット「グラムスター」の紹介です! 【SHOEIの進化系Classic Style】 SHOEIの培ってきた技術をクラシカルなデザインに落とし込み、クラシックスタイルと機能性を両立させた新たなネオクラシックフルフェイス。 細部までデザインにこだわりながらも使い勝手の良さを損なわない、デザイン性と機能性を両立させたシェルデザイン。SHOEIネオクラシックシリーズのアイコンであるダックテールシェイプや印象的なデザインのロアエアインテークなど、クラシカルなオンロードフルフェイスのスタイルを追求しました。 ※公式サイトより引用 【シンプルてとても軽い印象!】 グラムスターを手にとってみるとまず感じるのが、その軽さ。実際に被ってバイクで走行すると頭を左右に振っても疲れにくい印象を受けました。 デザインもとてもシンプルでクラシック系統のバイクに良く似合います! 大きさもひとまわり小さいため、女性にもオススメなフルフェイスヘルメットではないでしょうか。小柄な女性だとフルフェイスヘルメットを被ると頭でっかちになりがちな方も多いと思いますが、このグラムスターならその心配がありません! 【質感の高さとライダーに嬉しい機能性の充実】 細部にまでこだわりを感じるグラムスターは、被った際に内装の肌触り驚きました。 その他の部分も見ていくと、内装のフチにはレザー素材を使用。 新開発CPB-1Vシールドはクリアでワイドな視界を確保しつつシールドの開閉時も気持ちよくスムーズに開閉ができます。 シールドを止めている部分もアルミの削り出し加工のパーツが採用され、シンプルだからこそ細部のパーツにまでこだわり高級感を演出しています。 このシールドですが、外側からネジ止めとなっていて取り外しにはプラスドライバーが必要かと思いきや・・・なんとコインでもネジを回すことが可能!!ツーリング先でシールドが汚れてしまって洗いたい時など、ふとした時に10円玉などのコインで回せるのはライダーにも嬉しいポイントです。 その他オデコ部分とチンバー両側に配置されたスリット状のエアインテークから走行風を取り込んで換気が可能であったり、シールドの曇りを防ぎ、クリアな視界をキープするPINLOCK EVO lensを標準装備するなど機能性も充実しています! クラシックヘルメットでサングラスをかけてちょっとカッコいい大人を演出したり、デザイン面でも楽しめるSHOEIのグラムスター。 クラシックバイクにぜひ合わせたい!!と思わせるオススメのヘルメットです。 ■公式サイト SHOEI Glamster https://www.shoei.com/products/helmet/fullface/glamster/ ※外部サイトにリンクします。 ■車両情報 YAMAHA SR400 40th Anniversary Edition ■BGM Nash Music Library

再生時間
00:01:28
配信期間
未定
タイトル情報
MattRiderJapan
バイクに乗りながら日頃のツーリング日誌である「モトブログ」を主にYoutubeに投稿している「モトブロガー」。動画を通じて「バイク」と「旅」の魅力を若い世代の人々に知ってもらおうという思いで活動している。バイクジャンルだけに留まらず「旅」や「キャンプ」を主軸にマルチに活躍できる映像クリエイターを目指している。イギリスとUKロックが好き。