ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾
再生

ブラウザーで視聴する

ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

ギャルソンヌ 粋と活き、出逢い極まり、江戸の華!【江戸前寿司の隠れた名店】東京編、第一弾

生鮪の香り、天然物の白身の旨み、活きた貝類の甘味、〆た光物の滋味、煮物種の芳味。 江戸前の仕事で握られた本物の寿しが食べれます。 今回はギャルソンヌの食に興味をもつきっかけをくれた原点である、一番大切なお店の紹介です。 Yahoo!クリエイターズプログラム、東京編の第一弾! 場所はJR浅草橋の西口より迷わず歩けば5分くらいの場所にあり、赤い看板が目印です 今回は東京に進出したドメスティック・ブランドtolqのデザイナーと突撃! 相変わらず大将はオールバックの似合うダンディズムな雰囲気に燻し銀のオーラを纏い、女将さんは相変わらずのお淑やかな癒しオーラを放ちます。こちらテーブル席は子供連れの方でもテーブル席で食べれます。 築地時代より本物の魚の目利きができる天才と言われる大将の心地よい喋りは、素晴らしい曲を奏で、視覚、味覚以外の聴覚までも虜にしてしまい、ステージを見上げる我々は完全に、客一同に一体感が生まれます。 今回もおまかせでいただきました ☆白魚の月見・・・江戸っ子には馴染み深い魚の白魚はしらすの倍近くの大きさで、プツンという柔らかな食感とともに広がる旨味に、黄身の円やかさ、中に入った山芋のトロみも加わりトゥルントゥルンで美味しい。 思わず日本酒がほしくなります。 ☆蒸し鮑と北海道 昆布森の牡蠣キャビアのせ・・・鮨職人の技が光る、まさにシンプル・イズ・ベスト!蒸し鮑は絶妙な柔らかさ、じわじわと沁みわたる甘みが最高です。 真牡蠣は大粒でクリーミーな味わい、濃厚な溢れる旨味にシベリアチョウザメの塩味がアクセントになり、悶絶級の美味しさ!!!思わず瞳を閉じ「うんまぁ〜〜♪」と声がもれてしまいます。 ☆葱だくポン酢 茶碗蒸し・・・たまり醤油で作る事で味に深みが出て、中に入ってる濃厚な白子が口の中でトロけ、ポン酢の酸味とのマリアージュがたまりません!ほっこりしながらもスッキリします。 ☆対馬の鰹 花穂紫蘇(はなほじそ)・・・焼きながら脂を匠の技でまわすこちら!パリッとした香ばしい皮と見えない、ニンニクがアクセントで身は繊細でしっとり、めちゃくちゃ美味しい‼‼ 花穂紫蘇も食べると紫蘇の香りがします。 【握り】 ☆天然鯛・・・皮目を焼き霜にし、昆布の旨味が染み、優しい甘味、ふわりねっちり夢のような歯ごたえに癒されます。 ☆九絵・・・約10日熟成され、素晴らしい旨味、身の締まり、弾力が心地よい。思わず絶対に食え!と叫びたくなりますね(笑) ☆北海道 噴火湾の鰤・・・一週間程、熟成させたこちらは鰤の脂の甘味に柚子皮と辛味大根のアクセントがたまりません! ☆大間の鮪 赤身・・・豊洲より入りたての大間の鮪、爽やかな酸味が魅力。腹カミでしょうか?!思わず瞳を閉じ舌に集中。この香りの良い鮪を知り、世界が変わった事を思い出します。 ☆大間 中トロ・・・刹那の逸品!甘い上品な脂、繊細過ぎてシャリと共にスッと消え、口福の二文字を脳裏に刻んでいきます ☆銚子の金目鯛の昆布締め・・・まさしく”銚子つりきんめ”底網は使わずすべて手釣りの銚金と呼ばれて、一目おかれる金目鯛は中トロの後なのに、存在感抜群です。脂のりも凄くて本当に美味しい ☆車海老・・・正に赤い閃光!フェラーリ 外した頭にレモン汁と醤油を垂らして脳味噌と一緒に絞る車海老は脳内パニック!!!めちゃくちゃ美味い ☆生いくら醤油漬け・・・宝石の様な艶を放ついくらは、風味とコクが愉しめパリッとした海苔も最高です。 ☆塩水雲丹・・・二種類の雲丹を海苔で巻いたハーフ・ハーフ仕様になってますね! 微妙に薄いのが雄、オレンジなのが雌かな?!自然の海の濃厚な甘味に癒されます。 ☆さより・・・凍りのような透き通った身、初春の光を感じる光沢、繊細な風味に大将の技術で美しく握った芸術的な一品。 ☆かすご・・・食感に驚愕!!! 皮を一枚一枚湯引きして締められたかすごは、口の中でふわっとする独特な食感!こんなの初めて。 思わず仰け反ってしまいます。自家製の海老おぼろも絶妙なアクセント ☆本ミル貝・・・煮切りする前にシャリ酢を使用したこちら、風味豊かでコリッコリの食感が良い ☆常温の砂ずりのトロ・・・別名は「蛇腹」ですね。 筋が厚くて柔らかく脂が最ものっているところは、上質なのでくどさは感じない。まさに舌の上でトロけるようになくなるが、旨味もしっかり感じられます。 ☆鮪ヒレ下(本日のSpecial)・・・150キロの鮪のカマでも4貫程しかとれない、シコ感のある、ハンバーグで例えるなら粗挽き!研鑽を積まれた匠の技で、しっとりとしながらもトロける感覚が舌で味わえる悶絶級…

再生時間
00:01:06
配信期間
未定
タイトル情報
ギャルソンヌ
2010年から食べ歩きをスタート。食べログを得て、現在レッティでの関西エリアブロガー。専門領域は、ラーメン・焼き鳥・焼肉・寿司。その他、老舗巡りやミシュラン巡りをメインとする。本業は、大阪文化服装学院出身で自身のオリジナルブランドを手がけるアパレル職人。