ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん
再生

ブラウザーで視聴する

ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

ギャルソンヌ インスタ映えは勿論、色々な食べ方が楽しめる心地よい食感の肉釜玉うどん

インスタでこのビジュアルをチェックし、BMしつつも中々行けなかったこちら!ようやくタイミング合い、嫁と突撃 阪急蛍池駅より徒歩1分の場所にあります。 到着したのが12時30分くらいだったので平日ですが並び15分程で突入できました。 『肉釜玉うどん+プレミアム天盛り+ツルッともちもちざるうどん+自慢の出汁で作る極上卵の親子丼』シェアしていただきました ☆肉釜玉うどん 食べ方が書いてあります ①まずは写真をとるべし ②麺を1本だけすすり国産小麦100%の香りを感じるべし ③ぶっかけだしを麺にかけて麺をすすりだしの旨味を感じるべし ④肉1枚だけを食べ肉の旨味をダイブで感じるべし ⑤肉を麺に巻いて食べるべし ⑥あとは好みのタイミングでレモンや卵黄を割ってお召し上がりください ⑦最後にひと口ご飯が無料で付いてくるので食べれそうなお客様はスタッフまでお声かけください まず①は動画を含め撮りまくりです。ありがとうございました ②は国産小麦の香りを感じつつ適度なコシ、もちもち食感で旨い! ③は気が早って卵を割る動画がほしく⑥にワープしてしまいました笑笑 ④は肉1枚だけを食べましたが、少しパサつきが気になりました。個人的にはもう少し厚みとボリュームがほしいかな ⑤は卵黄に混ざった麺を肉で巻き出汁をつけて食べると「あべし!」ではなく旨し! ⑥はレモンをかけると濃厚な円やかさに、清涼感が加わり良いアクセントに ⑦は、鮪節の粉末がのったご飯を食べ終わった卵黄と出汁の中に投入した、こちらオリジナルのTKG!こちらがめちゃくちゃ旨かった!!! 節の香り、そしてジュルジュルの旨味が絡まるご飯は必ず食べるべしべし! ☆プレミアム天盛り(鶏天、鯛ちくわ天、半熟玉子天、舞茸天、かぼちゃ天、さつまいも天、大葉天)・・・米油を使用したサクサク食感で、胃もたれしにくくヘルシーな天ぷらです。 食べた鯛ちくわ天はサクッとした衣と弾力ある鯛ちくわの食感のコラボで、マグロ節の塩が絶妙に合い旨い! ☆親子丼・・・自慢のアゴ出汁とこだわりの玉子を組み合わせ、素材の旨味を何重にも感じられる究極の親子丼は、上品な出汁と適度な柔らかい鶏、そして玉子のふわふわ加減とがんこ村の濃厚な卵が見事に絡み合い美味しいです。 自己評価3.0 顳顬が痛くならないくらいの、ちょうど良い麺のコシと食感、インスタ映えする美しい肉の花びら! スタッフさんの対応も素晴らしく、近くまできたらまた食べに来たいでおまっ <勝手ながらのギャルソンヌ評価基準> 1.0・・まぁ普通 2.0・・これは美味い 3.0・・うっ美味い また来たい 4.0・・なっ美味しい 絶対また来る 5.0・・めちゃくちゃ美味しい 感動をありがとう ■参考情報/Yahoo!ショッピング(お店で実際に提供されているものとは異なります) お中元・お歳暮 本場讃岐うどんギフト しあわせうどん(半生うどん 300g×12(めんつゆ付き)) https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4fv00cn60?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:00:48
配信期間
未定
タイトル情報
ギャルソンヌ
2010年から食べ歩きをスタート。食べログを得て、現在レッティでの関西エリアブロガー。専門領域は、ラーメン・焼き鳥・焼肉・寿司。その他、老舗巡りやミシュラン巡りをメインとする。本業は、大阪文化服装学院出身で自身のオリジナルブランドを手がけるアパレル職人。