カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】
再生

ブラウザーで視聴する

カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

カワサキ ニンジャH2 SX SE+ [2019] 試乗インプレッション【攻めも長旅も許容。電サスの価値大だ】

※詳細記事→https://young-machine.com/2019/09/04/43365/ 『ヤングマシン』でおなじみモータージャーナリスト・大屋雄一氏が最新バイクの試乗インプレッションをお届けする「タッチ&トライ ムービー」。今回試乗したのは998ccのスーパーチャージド水冷直4を搭載するカワサキ ニンジャH2 SX。3グレードあるうちの最上位、電子制御サスやブレンボの最新キャリパーを採用する“SE+”に試乗した。スーパーチャージャーによるエンジンフィールは唯一無二であり、防風効果も十分以上。最上位グレードにふさわしい上質な走りだった。 ────────── (◯)3つの電子制御が連携。走りを強力にサポート ────────── 最高出力200ps、ラムエア加圧時には210psに達する998㏄のスーパーチャージド水冷直4。これを高張力鋼によるトレリスフレームに搭載するスポーツツアラーがニンジャH2 SXだ。現在、3つのグレードを展開しており、今回は今年2月から販売されている最上位モデルの“SE+”に試乗した。以前のタッチ&トライで紹介した(関連リンク参照)のは中間グレードのSEで、それとの大きな違いは、ショーワ製の電子制御サスペンションと、ブレンボの最新式フロントキャリパー、そしてブルートゥースチップ搭載によるスマホとの接続機能の採用だ。なお、SEとの差額は約38万円となっている。 まずは電子制御サスについて。これはライディングモードに連動しており、スポーツならハード、ロードならノーマル、レインならソフトに設定される。合わせてトラコンの介入レベルも3段階で変化し、さらにそれぞれを任意に調整できるライダーモードも用意されているのだ。 今回のテストでは主にロードモードを使用した。高速道路ではグレードの高い乗用車のように路面追従性が高く、荒れた路面の峠道でもその印象は変わらない。それでいてハードなブレーキングではノーズダイブを程よく抑えてくれ、スーパースポーツほど荷重を意識しなくてもスムーズに向きを変える。元々、SEもコーナリングマシンと言えるほど旋回力を楽しめるモデルだが、SE+はそこにイージーさが加わった印象だ。なお、走行中もモード変更ができる(リヤのプリロード調整は停車中のみ)ので、状況の変化に応じていろいろ試せるのも美点だろう。 ブレンボの新型キャリパーは、決して軽くない(ZX-14Rとの重量差はわずか7kg)SE+を強力かつコントローラブルに減速してくれるので、実に心強い。特にタイトコーナーが続く峠道の下りでフィーリングが安定しており、世界中でブレンボが支持される理由を実感する。 最上位グレードにふさわしい上質な走りを手に入れたSE+。スマホとの接続機能はツーリングの記録を残す上でも実に便利だと感じた。 ────────── (△)ベース車との差78万円。その価値はあるが…… ────────── 標準グレードの車両価格は200万円を切っているので、やはり差額が気になるところ。だが、中間のSEと比べても走りの差は大きく、後からショックユニットその他を社外品に交換するのなら、その予算でSE+を買うことをお勧めする。 ────────── (結論)こんな人におすすめ:新時代ツアラー。違和感のなさが電サスの真骨頂 ────────── テストで初見の峠道を走ってみて、不安がないどころか普段のペースで走れたので、電サスの実力を痛感。スーパーチャージャーによるエンジンフィールは唯一無二であり、防風効果も十分以上。予算が許すならSE+をお勧めする。

再生時間
00:07:53
配信期間
未定
タイトル情報
ヤングマシン
1972年に創刊された日本の老舗モーターサイクルマガジン『ヤングマシン』。常にその時代の熱いバイク達を追い続け、最新モデル&アイテムの実証テストに定評がある。また、代名詞となる新車スクープはRG400/500Γ時代(1984年3月号掲載)から30年以上続いている名物企画で、業界内の生情報を独自追跡したものが主となっている。メイン読者層は50代とそのジュニア世代となる20代。ブランドタイトルの“ヤング”という単語はさすがに時代錯誤とはなったが、信条はバイク乗りの多くが持ち合わせている“ヤング・アット・ハート”だ。