オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」
再生

ブラウザーで視聴する

オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

オリコン 東国原英夫、ビートたけしとの思い出話「靴代もらっていた」

タレントの東国原英夫が11日、都内で行われた『第14回シューズベストドレッサー賞』記者発表会に出席した。 今回の受賞に東国原は「多くの方がなんで私が?と思っていると思いますが、私もそう思っているんです(笑)」と驚いた様子を見せた。 それでも「40年ほど前ですかね、ビートたけしさんに弟子入りしたときに『芸人は足元を見られる』とおっしゃられていまして。『靴がお客さんの目線にあるから、靴だけはきれいなもの』と、靴代をよくいただいていました(笑)」と明かした。 続けて「そういうことがあったので、靴だけはきれいにするクセがありまして、そういうことが認められたのかなと思います。いただけるものはいただきましょうと、ありがたくちょうだいいたします」と受賞を喜んだ。 2008年からスタートした同賞は、靴のめぐみ祭り市実行委員会が、その年最も靴が似合う、日本の革靴を美しく履きこなせる著名人を選出。今回は「男性部門」を稲葉友、「女性部門」を江野沢愛美、「シニア部門」を東国原が受賞した。

再生時間
00:01:51
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧