オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」
再生

ブラウザーで視聴する

オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

オリコン 古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

『ガンダム』シリーズの最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)のスペシャル会見が、「ザクの日」である3月9日に都内で行われ、アムロ・レイ役の古谷徹(68)、ククルス・ドアン役の武内駿輔(24)、安彦良和監督(74)が出席。会見冒頭、古谷は「40年以上の時を経て、15歳のアムロを演じることができて、こんなにうれしいことはない」と、アムロになりきってあいさつして、会場を沸かせた。  同作は、『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」にスポットをあてたもので、「ひと際異彩を放つ」とファンの心に残る伝説のエピソードを映画化。ファンにおなじみのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツが登場するほか、最新のアニメーションで描かれる大迫力のモビルスーツ戦が見どころとなり、壮大なスケールでよみがえるRX-78-02ガンダムとアムロの物語を見ることができる。

再生時間
00:03:36
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧