オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面
再生

ブラウザーで視聴する

オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

オリコン コウメ太夫「最初に3千万ぶち込んだ」不動産投資家としての一面

ピン芸人のコウメ太夫が13日、都内で行われたWEBドラマ『人生投資案内人 林田唯』配信記念イベントに登壇。ドラマの内容にちなんで“不動産投資家”として登場したコウメは、おなじみの白塗りメイクながらも「不動産投資家として呼ばれました。よろしくお願いいたします。お恥ずかしいな。すみませんね、なんか」とあいさつし、以降は“地声”でトークを行っていった。 不動産投資を始めたきっかけとして、2000年代の『エンタの神様』出演を挙げたコウメは「そこからブレイクしたから、お金をためてっていう感じでした。もともとやってみたいなっていうのは、どこかでよぎっていたんですよ。親とかが不動産を経営していたこともあって…」と説明。「お仕事も減ってきた時に、マネージャーから『実家を壊して、真っ二つにしろ』と言われたんですよ。そこで親に話したら、母から『何しようとしているんだ』と怒られて。『アパート経営やっているから、あんたもやってみたら』と言われたのがきっかけでした」と振り返った。 不動産の数については「1個です。買う時って、けっこうな金額で(自分は)最初に3000万円くらいぶちこんでいるんで、勇気がいりますよね」と淡々とコメント。「通帳を見た時に『よっしゃー!』とかっていうのはありますね。(仕事内容としては)お掃除とか。部屋を出る・出ないとかの連絡がくるので、新しく入れてくださいっていうお話をしたり。どこか壊れちゃったりしたら、おいくらかかるんですかとか、そんなぐらいですかね」と仕事ぶりを明かしていた。 同ドラマは、実在する不動産投資会社である日本ワークスを題材にしたノンフィクションヒューマンドラマ。13日より、YouTube上で全話無料配信されている。イベントにはそのほか、中越典子、曽田陵介、ぽぽちゃん、大谷健太郎監督も登壇。登場予定だった平成ノブシコブシ・吉村崇は、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であることから、大事を取って欠席した。

再生時間
00:03:26
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧