オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ
再生

ブラウザーで視聴する

オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

オシャレで便利なバイクツーリングバック!リュックにもタンクバックにも大変身!|エースカフェ

今回紹介するのはリュックにもタンクバックにもなる便利なバイクツーリングバック! エースカフェのタンク&バックパックの紹介です! 【ACE CAFE LONDON Tank & Back Pack】 USBポートを装備した、吸盤式タンクバッグとバックパックの2WAYで使用できる多機能バッグ ノートブックPCやタブレット、書類を収納しても更に余裕がある大容量。
更にUSBポートが装備され、バッグの中のUSBケーブルをモバイルバッテリーに接続し、USBポートからスマホやナビにつなげれば、充電しながら機器の使用が可能。
バッグの中で長いケーブルがもたついてかさばったり絡まってしまう煩わしさもなく、スマートにモバイルライフをお楽しみいただけます。 アッシュグレーの生地裏は、分厚いPVCでコーディングされており、ちょっとした雨でも安心。 ショルダーベルトや吸盤はバッグ背面に収納が可能なので、タンクバッグ↔バッグパックどちらで使っても余りベルトが無く、スッキリとしたフォルムで使用が可能。
タンクバッグとして使用の際に使用する脱落防止ベルトも標準装備。 ※公式サイトより引用 【リュックにもタンクバックにもなる便利さ!】 このバックの利点はリュックサックにもタンクバックにもなる所。ツーリング先ではリュックサックとして背負いながら歩いて観光。バイクに乗る際には背負うと疲れがくるので、タンクバックとしてタンクに装着して移動する…この2通りの使い方ができる所がとても便利で嬉しいポイントです! 完全防水ではありませんが、ちょっとした雨でも大丈夫な仕様も嬉しい点。 【リュックサックとして】 1Lのペットボトルも入れてもまだまだ余裕で入りそうな大容量!USBポートも装備されているので、モバイルバッテリーを中に入れ外のUSBポートに充電ケーブルを接続すれば背負ったままスマホ等を充電できることもできます! また女性が背負ってもオシャレなこのデザインもお気に入りなポイントの1つです! 【タンクバックとして】 タンクバックとしてはタンクを傷つけない、嬉しい吸盤仕様!最近のバイクは樹脂パーツがタンクに使用され、磁石ではくっつかない物も多いので吸盤仕様だと、その心配もありません。万が一の脱落防止ベルトも標準装備でバイクに固定しておけば安心です! また横からも開けられる仕様になっているので、タンクバックとして横に装着してからも荷物が出し入れしやすい所が嬉しいポイントでもあります。 【最後に】 ちょっとした日帰りツーリングの際にピッタリなこのACE CAFE LONDON Tank & Back Packはオシャレで街歩きにも溶け込めるデザインなのでその辺もお気に入りです! ・モデル:Ruriko_675さん ・ACE CAFE LONDON Tank & Back Pack https://shop.acecafelondon.jp/%E5%95%86%E5%93%81/tank-back-pack/ ※外部公式サイトへ移動します。 ・車両:トライアンフ デイトナ675

再生時間
00:01:18
配信期間
未定
タイトル情報
MattRiderJapan
バイクに乗りながら日頃のツーリング日誌である「モトブログ」を主にYoutubeに投稿している「モトブロガー」。動画を通じて「バイク」と「旅」の魅力を若い世代の人々に知ってもらおうという思いで活動している。バイクジャンルだけに留まらず「旅」や「キャンプ」を主軸にマルチに活躍できる映像クリエイターを目指している。イギリスとUKロックが好き。