イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ
再生

ブラウザーで視聴する

イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

イースター卵料理【ゆで卵で簡単!可愛い】ひよこの巣篭もりシーザーサラダ

なかなか外出が出来ない日が続き、お家で過ごす時間が増えましたね。お家時間を楽しむ方法の1つとして、「料理を作ること」が選択肢の1つになったらいいな、と思います。忙しない日々でイベントごとは忘れてしまいがちですが、4/12はイースターです。日本でも年々と定着してきた年中行事です。イースターはイエスキリストの復活祭ですが、「卵」や「ひよこ」「うさぎ」をモチーフにした料理やモニュメントでお祝いします。そこで、心が少しでもほっこりするようなイースターのレシピをご紹介したいと思います。ゆで卵をひよこの見た目にデコレーションし、サラダの上にトッピングした「巣篭もりサラダ」。ゆで卵のひよこを食べるのがもったいないくらい可愛いです!巣をモチーフにして葉物野菜の上にはかた焼きそばを盛り付けました。パリパリとした食感が面白いですよ。今回はシーザードレッシングを使用しましたが、お好みのドレッシングや具材でアレンジも楽しんでみてくださいね。 【材料】3−4人前 茹で卵 2個(固茹で) 人参 適量 海苔 適量 葉物野菜 お好みのもの適量 生ハム 10g プチトマト 4個(半分に切っておく) かたやきそば 50g シーザードレッシング 適量 【作り方】 ①茹で卵に包丁の先でギザギザに切り込みを入れ(動画がわかりやすいです)、上側の白身を外す ②黄身に人参(くちばしの形に切っておく)を刺し、丸く切った海苔を貼ってひよこの顔を作る ③お皿に葉物野菜・生ハム・プチトマトをのせ、かたやきそばを中心にのせる ④②のひよこをかたやきそばの上に盛り付け、シーザードレッシングをかける 【ポイント】 ・茹で卵は必ず固茹でを使う(水から茹でて沸騰してから目安10分加熱したもの)  黄身が半熟のゆで卵を使うと、上手く白身から黄身が剥がれない場合があります ・作り方の①で、卵に包丁の先でギザギザに切り込みを入れますが、包丁はペティナイフなど小さめの包丁を使うことをオススメします ・サラダの具材はお好みのものに、自由にアレンジして楽しんでください! ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《おすすめのペティナイフ 扱いやすい》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4ekv36490?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《海苔を細かく切るのが苦手な方におすすめ!海苔パンチ 海苔が一瞬でカット出来る》https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4h6e833lg?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《サラダを盛り付けると映える!ガラスの器》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4epmcu4hm?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会 会長 白井ありさ

再生時間
00:00:55
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。