インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6
再生

ブラウザーで視聴する

インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

インドネシア人として日本に住むということ 私がヒジャブを身に着ける理由 - その6

ムスリム女性が身につける「ヒジャブ」を取り入れながら、東京らしいトレンドを押さえたファッションを発信している、クリエイターのアウファさん。 これまでSNSを中心に活動してきたアウファさんが今回、肌やボディラインの露出を控えた「モデストファッション」のアイテムを集めたオリジナルブランド「RAFI’E by aufatokyo」を立ち上げました。 「ムスリムでもムスリムじゃなくても、色んな体の悩みを抱えていても、様々な人が着こなせるファッションを考えてきたので、自分なりに組み合わせて、自分らしさを見つけてほしい」と語るアウファさんに、5つのコーディネートやファッションを通じて伝えたい思いを聞きました。 今回の動画ではきれいめ銀ブラコーデを紹介してもらいます。 「インドネシア人として、日本という異国の地に住むことって、なかなか楽とは言えない」と語るアウファさん。 「自分のブランドを作って、服を着てもらうのがすごく夢だったので、ムスリムでもムスリムじゃなくても、いろんな体の悩みを抱えていても、自分らしさを見つけてもらえたらなと思っています」と話します。 コーディネートは動画でチェックしてみて下さい。

再生時間
00:02:42
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。