イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]
再生

ブラウザーで視聴する

イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

イタリアの食べる スープ リボリータ | kurashiru[クラシル]

イタリアの食べるスープ、リボリータはいかがでしょうか。イタリアでは冷蔵庫で余った野菜と固くなったパンをコトコト煮込み、一皿で食事が完成する一品として親しまれているそうですよ。野菜のうま味がたっぷりでやさしい味わいのリボリータをぜひお試しくださいね。 【材料】 2人前 ----- 煮込み野菜 ----- キャベツ               100g ズッキーニ              80g 玉ねぎ                50g セロリ                50g にんじん               30g 白いんげん豆(水煮)         100g 白いんげん豆(水煮、ペースト用)   100g ミニトマト              8個 フランスパン(40g)        1切れ ニンニク               1片 水                  500ml 塩                  小さじ1/2 オリーブオイル            大さじ1 ----- トッピング ----- 粉チーズ               大さじ2 パセリ(生)             適量 【手順】 セロリは筋を取っておきます。 パセリはみじん切りにしておきます。 ミニトマトはヘタを取っておきます。 にんじんは皮を剥いておきます。 1. 白いんげん豆以外の煮込み野菜は1cm角に切ります。 2. ニンニクはみじん切りにします。 3. フランスパンは2cm角に切ります。 4. ボウルにペースト用の白いんげん豆を入れて、フォークでなめらかになるまでつぶします。 5. 鍋にオリーブオイルと2を入れて中火で熱し、ニンニクの香りが立ったら1を入れて炒めます。 6. 全体に油がなじんだら水、4、白いんげん豆、ミニトマトを入れて中火で20分程煮込みます。 7. 汁気が半量程になったら3を入れて、塩で味を調え、火から下ろします。 8. 器に盛り付け、トッピングの材料をのせて完成です。 節約レシピや簡単レシピは『クラシル』で検索! https://www.kurashiru.com/

再生時間
00:01:07
配信期間
未定
タイトル情報
kurashiru[クラシル]
"70億人に1日3回幸せを届ける"をテーマに、楽しくて分かりやすいレシピ動画を毎日配信しています。本格レシピからサクっと作れる簡単レシピまで。今すぐ作りたくなるような料理を動画でお届けします。
GYAO! 広告

映像一覧