アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】
再生

ブラウザーで視聴する

アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

アルメリアとオステオスペルマム、ジュリアンの春色コンテナガーデン【赤紫の寄せ植え】

今回は、アルメリアやオステオスペルマムでお花いっぱいの春色寄せ植えをご紹介します。 高低差を出すとき、ほとんどは樹木でシンボルツリーを使いますが、今回は草花をシンボルツリーにしました。 冬真っ只中の植え込みですが、春への準備は寒い時期に行うことで、一足早くキレイな寄せ植えを飾ることができます。 ビオラもまだまだたくさん楽しめる時期ですので、諦めず植え込んでみてください。 よかったらご参考にしてみてください。 【植え方のポイント】 容器を深めのものにすることで、スリムな大人っぽさが出ます。 まずは、軽石を容器の深さの1/5くらい入れて、新しい培養土を入れます。 次に植物の根を小さくしておきます。根の土の落とし方に気をつけます。 植え込んだ最後に、根と根の隙間に培養土を入れて仕上げます。 水ごけは、コンテナの場合、蒸れる原因になるので敷きません。 【デザインのポイント】 高低差を出すデザインは、同じ種類の植物を何株も使用するのではなく、基本的に「1株ずつ使用」することがおすすめです。 一番後ろを高くし、徐々に低くなる植物を選んでいきます。 その時、今の時期は特に「寒さどのくらい強いか」で飾りたい場所に合った植物を組み合わせます。 【今回の資材】 <容器> 口径25cm 深め <軽石・培養土> 草花用培養土 5〜6リットル 軽石     1リットル 【今回の花材】 ・アルメリア 1株 ・八重オステオスペルマム 1株 ・ネメシア 1株 ・ビオラ 2株 ・アリッサム(クリーム) 1株 ・八重ジュリアン 1株 ・プラティーナ 2株 〜全9株〜 ご視聴ありがとうございます♪ 良かったら、フォローやいいねもお願い致します。 ※この作品はYouTubeで2017年に公開したものを再編集しました。 また次回もお楽しみに♪

再生時間
00:03:19
配信期間
未定
タイトル情報
寄せ植えチャンネル
寄せ植えデザイナーの西山恭枝です。寄せ植え講師として長くたくさんの方に教えている中で、多い悩みを元に簡単に解決できるような作り方をご紹介しています。コンテナガーデン、ハンギングバスケット、リースの植え方・デザインをお伝えします。手軽に楽しめるようにハンギングやリースも100均で手作りする方法もご紹介します。