アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう
再生

ブラウザーで視聴する

アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

アルコールマーカーでリアルな瞳を描いてみよう

アナログ作画でリアルな瞳を描く方法として、アルコールマーカーを使った方法があります。 今回はその基本的な方法や、きたがわ翔ひみつの描き方などをご紹介します。 使っているアルコールマーカーはMEPXYというブランドのアルコールマーカーですが、きたがわ翔がいつも画材を買いに行く新宿世界堂ではコピックが販売されていない為、代替として購入しているものになります。 アトリエにはコピックもMEPXYもありますので、用途に合わせて使い分けをしたりブランドを気にせずいっしょに使ったりしています。 この2種類は成分が似ているのか、一緒に使っても変な感じにならないと思います。 今回使ったMEPXYのカラー:MT01、MT02、MT03、MT05、127、20、97 パステルカラーのセットに含まれる色になります。 さて。 詳しい描き方は動画をご覧下さい。 なかなか1発で取得できる技ではないと思いますが、物は試し。 何度も練習して自分なりの瞳の描き方を構築してみませんか? キャラクターの魅力は瞳で決まります。 そして神は細部に宿ります。 〜〜〜〜〜〜 きたがわ翔の動画シリーズを気に入って頂けたら、是非とも +フォロー のボタンをクリックして下さいね! 宜しくお願い致します。

再生時間
00:02:38
配信期間
未定
タイトル情報
きたがわ翔
1981年、中学2年生のときに少女誌『別冊マーガレット』(集英社)"番長くんはごきげんななめ"でデビュー。別マに投稿した理由は、姉が愛読していた事と応募した原稿を全部批評して返却してくれるシステムがあった為。1986年からは活動の場を男性誌である『週刊ヤングジャンプ』(集英社)を中心に移し、その後は多様な誌面に掲載。"きたがわ"の由来は出身地伊豆北川の説があるが実際には違う。真相は...?最年少デビューから現役漫画家としての活動期間は33年を超えている。現在、活動と共に蓄積してきた精密描画技術を駆使した新たな芸術作品作りに励んでいる。