アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由
再生

ブラウザーで視聴する

アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

アメリカでUberに依存していた私が、日本でもUberに流行って欲しいと思う理由

Uberといったら、日本ではUber Eatsの認知度が高いのではないだろうか。 しかし、本来は配車アプリとして 世界約70カ国で利用されているUber。 私も2017年にロスに住んでいた時には、車を持っていない、東京のように公共交通機関も整っていない、そんな中毎日のようにUberを利用していた。 日本では、Uberが広まることは難しいと言われてきたが、実際今どのような状況なのか。 2019年に行われた、ラグビーW杯で、Uberが出した結果を元にメディアラウンドテーブルで、話を聞いてきた。 Uber Eatsだけじゃない!Uberって何? Uberはアプリを通じた配車サービスで、2010年サンフランシスコでスタートし、現在世界69カ国、900都市以上で展開している。 日本では、東京および成田エリア、京都で展開するプレミアムなハイヤー配車サービス「Uber Black」 と、2018年9月以降全国各地でタクシー会社と連携した、11都市でタクシーの配車サービスとしての 「Uber Taxi」 がある。 そして、利用者が増えているUberのマッチング技術を活用したフードデリバリーサービス、 「Uber Eats」 がある。 Uber Taxiは、まだ東京では始まっていないサービスで、淡路島/名古屋/大阪/仙台/青森/郡山/広島/京都/福山/福岡/高知のみで行われている。 アメリカなどでは、自分の所有の車を使って、普通の人が、Uberのドライバーになるので、不安かもしれない。しかし、日本の場合には、法律上それは難しいので、タクシー会社と連携している。そのため、タクシーの運転手が、Uberを運転していることをまず知って欲しい。 ここが便利! Uberの魅力 アメリカに留学中、車社会のロスで、車を持っていなかった私。歩いて、20分以上かかる場所では、Uberが基本だった。 Uberのいいところは、ドライバーと話す必要がない!目的地は乗る前から入力できるし、ルートや到着時間もアプリで確認できる。(留学時は、なるべく英語を使いたかったので、こちらから話しかけることはあったが・・・) Uberを呼んでから、自分がいる場所に来るまでの時間も表示されるので、外で長時間待つ必要がない。場所によっては、Uberの数がめちゃくちゃ多いので、3分くらいで来る。 乗った後に、お互い星を5段階でつけられ、それによって、自分のスコアに見合った運転手が来る。もし自分の態度が悪ければ、ドライバーからの評価も低く、次に自分が乗るドライバーの品質も下がる仕組みだ。逆も然り! なので、自分が普通にUberを利用していれば、変なドライバーに当たることは極めて少ない。 ここが一番Uberの好きなところで、日本でタクシーを利用しているとたまに、すごい横柄なドライバーにあたることがある。 そういう時、「Uberだったら、絶対星0にするのに!」と思う時がある。 ちなみにJapan TaxiやDiDiなど、日本のタクシー配車アプリも運転手を直接評価できるので、横柄なドライバーはこれから減っていくのかも。 ・ ・ ・ 去年、bouncyでサンフランシスコに取材しに行った時、Uberを使ったことのない編集部の人が感動していました。これが、Uberかと!なんて楽なんだ!と。 日本でもUberが流行る日が来るのか・・・今後に期待です! Uber

再生時間
00:01:16
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。