アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。
再生

ブラウザーで視聴する

アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

アマゾンのKindle Unlimitedは持ち歩ける図書館。

―― ブログ:雑誌も専門書も読み放題。トバログは『Kindle Unlimited』をこう使う。 https://tobalog.com/2018/07/kindle-unlimited-sale/ YouTube:【Kindle Unlimited】僕が4年間使い続ける理由とおすすめの使い方 https://youtu.be/kh3YKnMyjLw ―― 『Kindle Unlimited』はアマゾンが展開している定額制の書籍読み放題サービスのこと。月額980円で、雑誌や漫画、ビジネス書や専門書といった対象書籍が、Kindle端末や iPad などで読み放題になる。 2016年のサービス開始時点では国内向けタイトルが 12万冊からのスタートとなっていたが、現在の総冊数は非公開。肌感だと、雑誌類やビジネス書を中心としたさまざまなジャンルで、明らかに読めるタイトルは増えていると感じる。 『Kindle Unlimited』を利用するために Kindle 端末は必須ではなく、通常の Kindle と同じく、 iPhone や Android 端末、PC のアプリからもサービスを利用できる。 また使い方として、基本的には「この本が読みたいから Kindle Unlimited で探す」というスタンスではなくて「このジャンルの本が読みたいからその中から Kindle Unlimited の対象書籍を探す」というスタンスで使っている。 質の高い情報が得られる検索エンジンが、わずか月額980円で使い放題というところがこのサービスのキモだとも思う。僕も2年間使ってきて良いサービスだと感じているので、気になる人はこれを機に登録してみよう。

再生時間
00:00:38
配信期間
未定
タイトル情報
鳥羽恒彰/トバログ
1993年2月28日生まれの都内在住25歳。シンプルな文章と美しい写真でモノを紹介するブログ『トバログ』を軸に、紙媒体や動画コンテンツなどさまざまな分野で活動するクリエイター。自称ミニマリストの対岸にいる人。鳥羽恒彰/トバログは、株式会社ドリップ(https://drip.co.jp/)の公認バリスタです。