アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ
再生

ブラウザーで視聴する

アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

アシッドアタックの被害女性によって運営されるインドのカフェ

インド、ウッタル・プラデーシュ州、アーグラにあるカフェ「Sheroes Hangout」。 このカフェは、アシッドアタックにより被害を受けた女性たちにより運営されている。 アシッドアタックとは、「酸攻撃」とも呼ばれ、硫酸・塩酸・硝酸などを他者の顔や頭部などにかけて火傷を負わせ、顔や身体に被害を負わせる行為を指します。 インドでは、このアシッドアタックが横行、多くの女性が被害に合っています。 アシッドアタックの目的は、外見や精神に傷を負わせ、社会参加を抑制させること。 「Sheroes Hangout」では、アシッドアタックのサバイバーである被害者が勇気と自信を取り戻すのを手助けする場所として機能しています。 被害者女性は語ります。 「Sheroes Hangoutで働き始めたことで、新しい価値観に触れ、今は自分に自信を持っています。仕事もなく、誰も見向きもしない、話し相手すらいない日々でした。ここで働く人は家族です」と。 アシッドアタックという姑息な犯罪により、自尊心をくじかれた女性たち。 その女性たちの社会参加を後押しするカフェは、彼女たちの新しい居場所として存在するだけでなく、店の売り上げはアシッドアタック被害者救済のために寄付されている。 #stopacidattacks

再生時間
00:01:15
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。
GYAO! 広告

映像一覧