らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?
再生

ブラウザーで視聴する

らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

らんらんRanRan 団体競技よりも個人競技が得意!? なぜ中国が卓球が強いのか?

サァ〜!!ハロハロらんらんだよぉ。 #なぜ中国は卓球が強いのか? について今回は話したいと思います。 そもそも卓球は中国発祥ではないことを みなさんご存知ですか? 実は卓球はイギリスが発祥した競技なんです。 じゃあなぜ中国は卓球がそこまで強いかというと らんらん的に思う1つ目の理由としては、 卓球がテーブルテニスと言われていて、 テーブル1枚さえあればできちゃう競技なので 場所を取らないし、そこまで費用もかからない、 その上中国がスゴいサポート体制を整えています。 毛沢東さんを始め、中国のトップの人たちが ものすごい卓球に力を入れてやっていました。 だから卓球の人口がものすごく多くて、 中国では10人中7人が卓球が上手いと 言われています。私は下手ですけど笑 2つ目の理由として考えられるのは、 卓球は体力勝負ではなくて、 頭脳戦や身体の俊敏さで勝負が決まります。 体力勝負だとどうしても身体が大きくて 身長が高い海外の方が有利になり、 負けてしまう可能性が高いです。 でも卓球は違います。 俊敏さや頭脳戦で戦えるので、 中国はそれにスゴく長けています。 ところで、最近海外からよく言われるのは、 中国はこんなに人口が多かったら、 団体競技のサッカーとかも強いんじゃないか と思いきや、実はそうではないらしいです。 中国は1人ひとりは強いんだけど、 我が強すぎるので、いっぱい集まると 弱くなるんじゃないかと個人的には思います。 最後に中国の運動選手は 完全に職業化されているので、 卓球自体も国球と定義されています。 なので人の力もお金もかかっています! らんらんも今から卓球始めても、 プロになれるかな? はいそんな世の中甘くない笑 ということで皆さんフォローコメントいいねを よろしくお願いしま〜す。

再生時間
00:01:59
配信期間
未定
タイトル情報
らんらんRanRan
ハロハロ〜らんらんだよぉ。上海生まれ大阪育ち、中国語講師をしながら、シンガーソングライターとして、毎晩23時頃BIGO LIVEでライブ配信中。最新の中国のトレンドや日中文化の違い、おすすめする中国グルメや日常ですぐに使える簡単な中国語ワンフレーズを面白く楽しく教えています!ぜひフォローしてね!