もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」
再生

ブラウザーで視聴する

もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

もこもこな生地も3Dプリントできる時代に? カーネギーメロン大学が生み出した3Dプリンター「Desktop Electrospinning」

カーネギーメロン大学の研究チームMichael L. Rivera氏とScott E. Hudson氏が開発した硬質プラスティック印刷と電界紡糸(エレクトロスピニング法)を組み合わせた3Dプリンター「Desktop Electrospinning」。 新しい触覚体験を目的に開発しており、羊毛に似た感覚の織物シートと従来のプラスチックのオブジェクトの両方を1つの押出機で切り替えて出力できる。 硬質プラスチックと導体と組み合わせた電界紡糸製の静電容量センサーによって、羊毛の質感を持った触ると鳴き声を出す絵本の羊や、土壌が乾いたことをセンサーが感知すると、サーボモーターを使って花びらが開くという、土壌の水分レベルを視覚的にかつ物理的なフィードバックを提供してくれる3Dプリント製の花など、多彩な双方向性の装置を製造できる。 ・ ・ ・ 液体や水分の検出、圧力の変化など、電界紡糸ならではの仕組みを活用することがで、汗をかき過ぎると開くように動作するカスタム衣服、または人がどれだけ活動的(または非活動的)であるかを検出できる柔らかい靴のインソールなどを実現できるという。 Desktop Electrospinning Michael L. Rivera and Scott Hudson, Carnegie Mellon University

再生時間
00:01:02
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧