はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》 第3話 2016年7月28日放送分

まで

木曜ドラマ「七人の秘書」の放送を記念して、江口洋介出演ドラマを配信! 特別養子縁組に向けた里親認定の許可が正式に下り、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が男の子(横山歩)を家に迎える日がやってくる。といっても、まだ二人が親として認められたわけではない。一緒に家庭生活を送る中で、適切な親子関係が築かれたと裁判所が判断して初めて、戸籍上正式な親子になるための手続きが取られるのだ。 「これからの方がもっと大変」。堂本真知(余貴美子)の言葉を思い出し、気持ちを引き締める美奈。しかし、過食や偏食といった里親の愛情を図る子どもの“試し行動”は、ほぼ100パーセントの確率で現れると改めて聞かされ、つい不安が顔に出てしまう。 ※「はじめまして、愛しています。」は複数回に分けて配信予定です。最終話まで無料でご覧いただけます。

再生時間
00:45:30
配信期間
タイトル情報
はじめまして、愛しています。 《江口洋介出演「七人の秘書」スタート記念》
あなたは、愛の伝え方を知っていますか―?
【主演】尾野真千子×【脚本】遊川和彦 挑む女優と闘う脚本家が初タッグ! 江口洋介との夫婦役初共演で家族のあり方を問ういまだかつてないホームドラマを送る!! あなたは家族に「愛しています。」と言えますか?―― 尾野真千子と江口洋介の夫婦役初共演で送るこのドラマは、日本に実在する特殊な養子制度を題材に“本当の家族とは何か”という普遍的なテーマに挑みます。脚本はドラマ界の奇才、遊川和彦。テレビ朝日の連続ドラマ初登場となる初顔合わせの3人が、家族の形が見えにくくなっている現代だからこそ「家族で見てほしい」いまだかつてないホームドラマを届けます。 それは、子どものいない夫婦が、親に捨てられた見ず知らずの5歳の男の子を自分たちの子どもにしようと決断し、“本当の家族”になろうと奮闘する6カ月の物語。男の子は笑わず、しゃべらず、名前もありません。一切の感情を失くした子どもに他の大人たちが苦慮する中、なぜか夫婦は彼とコミュニケーションが取れる唯一の方法を持っていたのです。これは奇跡か、それとも運命か…。 戸籍上、本当の親子として認められるこの養子制度には、タイムリミット、試験期間、裁判による審議など、まるで「本当の親子になるためのテスト」のような難題が数々設けられています。尾野が演じる挫折続きのピアニスト妻と、江口が演じる自他ともに認めるお人好し夫は、この課題をクリアしようと七転八倒。そんな、もがきながらも前進し続ける愛すべき夫婦の姿を、遊川がユーモアたっぷりに描き出します!

次の映像

映像一覧