なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い
再生

ブラウザーで視聴する

なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

なぜ中国人はレストランで大量注文して残しちゃうのか!?家に招待された時のマナーは?日中食文化の違い

ハロハロ〜らんらんだよぉ。 今回は中国と日本の食事のマナーの 違いについて紹介します。 今回紹介したいポイントは2つ。 1つは最近よくある質問で、 中国では友達にお家招待されたとき、 最後にご飯をちょっと残さないと 失礼に当たるんじゃないか?って よく聞かれるんですけど、 これは実は半分合っていて、半分違うんです。 基本的に作った料理を美味しく食べてもらって お腹いっぱいにしてもらう方が嬉しいのは 中国でも日本でも一緒なんです。 ここでポイントです! 中国では皆さんスゴくメンツを大事にしているので 人を家に招いたり招待したりするときは、 出来るだけ無理してでも超豪華にして、 「こんな食べきれるか?!」っていうくらいに 料理を出します! 前菜から、メイン、スープ、デザート、 最後の果物まで、なんでも揃っています。 そういうときは遠慮せずに、 思いっきりたくさん食べてください。 そしたらすごく喜ばれると思います。 そうすることで自然にお腹いっぱいになって 残してしまいます。それでオッケーです。 もしおかずの量が食べきれる量を出されたときに どんなにお腹が減っていたとしても グッと我慢して最後に少し残して 「お腹いっぱい、美味しかったです」というと 相手は「いっぱい食べてくれたんだね」と 思ってくれます。 そこでもし食べきってしまうと 「もしかしたら、ちょっと足りなかった? もうすこし作ればよかった。」という風に 向こうは申し訳なく思ってしまう可能性があるので 思いやりで残してあげるというのが流れです。 次に2つ目です。 なぜ中国人はめっちゃ頼んで残しちゃうのか? 実際に中国人と一緒にレストランに行って、 注文するときも日本とは決定的な違いがあります。 日本では自分の食べきれる量を注文するのが普通で たくさん注文して残すとスゴく失礼に当たるのですが 中国では美味しいものをできるだけ全部注文して テーブルいっぱいにしてみんなでガチャガチャ わいわいするのが主流です。 おかずがなくなったり、少なかったりするのが 絶対ありえないです。 そうするとおもてなしが足りないという風に 見なされるので、できるだけテーブルの上に 何かおかずがある状態にします。 だからみんなたくさん注文して残します。 これはマナーが悪いのではなくて、 ちょっとした食文化の違いです。 らんらんも実はよく友達に 「らんらん頼みすぎだよ」 「そんないっぱい頼まなくてもいいじゃん」 って言われたりします笑 でも、足りなかったら嫌じゃん?笑 満足いっぱいに食べた方が嬉しいやん? という風に私は思ってしまうんですよね。 そこは中国の名残りがあるんじゃないかと思います。 みなさんもぜひこういった違いを 知ってくれたら嬉しいです。 ではぜひフォロー、コメント、いいねを よろしくお願いします! またね、らんらんヤッフー。

再生時間
00:02:21
配信期間
未定
タイトル情報
らんらんRanRan
ハロハロ〜らんらんだよぉ。上海生まれ大阪育ち、中国語講師をしながら、シンガーソングライターとして、毎晩23時頃BIGO LIVEでライブ配信中。最新の中国のトレンドや日中文化の違い、おすすめする中国グルメや日常ですぐに使える簡単な中国語ワンフレーズを面白く楽しく教えています!ぜひフォローしてね!