どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】
再生

ブラウザーで視聴する

どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

どうぶつトリビア season2 動物界の最強バンドメンバー考えてみた【どうぶつトリビア】

人気バンドの条件といえば、音楽性だけでなくタレント性も重要。もし動物界で「最強のバンドメンバー」を選抜したら、各パートはどの動物がベスト? 動物の生態と楽器の相性から妄想してみました。 ■ドラム担当:ゴリラ 胸をたたく「ドラミング」は、オスが自分のカッコよさをアピールするためのもの。日々練習はおこたらず、リズム感の良さはお墨つき。 ゴリラはハレーム型の社会構造で、ケンカを好まず群れ(メンバー)への気遣いもできるため、バンドのまとめ役としても最適。 繊細で傷つきやすい性格で、スローバラードなども得意。一方でチンパンジーのように叫んだりしない無口なキャラクターのため、ボーカルには不向き。 ■ベース担当:ハシビロコウ クチバシを高速でカスタネットのように鳴らす求愛行動「クラッタリング」で、ドラムとともにリズム面でバンドの屋台骨を支える。 人前に出たがらず、夜行性ゆえに昼間は微動だにしない。その渋いたたずまいで、メンバーを後方から見守っている。シャイだがファンが多く、意外にモテモテ。 ■ギター担当:アイアイ 指が長く器用。中指を使ってコツコツと聴診器のようにエサを探す「タッピング」の奏法は、誰もマネできない唯一無二のテクニック。 一生伸び続けるその前歯なら、ジミ・ヘンドリックスの伝説のギタープレーも可能!? 童謡の「アイアイ」でいじられるのが何より嫌。 ■ボーカル担当:プレーリードッグ 普段は地中で暮らすが、見張り役は立ち上がって警戒音を出す。その姿は、お立ち台でのシャウト映え間違いなし(?)。 家族単位で群れを作るため、仲間とのきずなを大事にしている。感極まるとハグやキスをするオープンな性格。 監修:新宅広二 1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。動物行動学と教育工学を専門にし、大学院修了後に上野動物園、多摩動物公園に勤務。国内外のネイチャー・ドキュメンタリー、動物バラエティー番組の監修を手がけるほか、動物園・水族館などの展示企画・監修を手がける。著書に「しくじり動物大集合」「もっとしくじり動物大集合」(永岡書店)、「いきもの寿命ずかん」(東京書籍)、「すごいぜ!! 動物スポーツ選手権」(辰巳出版)など。近作、映画「アース:アメイジング・デイ」、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」(主演・高橋一生)監修。

再生時間
00:01:32
配信期間
未定
タイトル情報
どうぶつトリビア season2
「どうしてそうなった?」ついついツッコんでしまいたくなるフシギな動物たちの生態や、あっと驚くエピソードが満載。知れば思わず誰かに教えたくなる「どうぶつトリビア」を動画でご紹介。