どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】
再生

ブラウザーで視聴する

どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

どうぶつトリビア season2 ただただ癒やされます…まあるい動物4選【どうぶつトリビア】

最近ちょっと疲れてる……そんなとき私たちを癒やしてくれるのが、ワンコやニャンコに代表されるキュートな動物たち。かわいい動物の共通点といえば、ふわふわで、まんまるなビジュアルではないでしょうか。今回は眺めるだけでほっこり癒やされる、まあるい動物たちを集めてみました。 ■トビネズミ(まるみ度★★) 西アジアの砂漠に生息。英名はピグミー・ジェルボア。まるで頭から手足が生えているようなビジュアルの小型動物。体長3.5cm、体重3.5gで500円玉に乗るほど小さい。草食、夜行性でカンガルーのように砂漠を高速で走れる。かわいい顔に似合わず、寝相は悪い。 ■ウォンバット(まるみ度★★★) オーストラリアの草原に生息。体長100cm、体重25kg。草食の夜行性、甘えん坊で温和な性格。コアラの近縁だが、木には登らずトンネルを掘って土中で暮らす。ボディーはまるまるとしているが、ウンチは四角い。 ■シマエナガ(まるみ度★★★) 北海道に生息。全長12cm、体重6g。ふわふわと白く丸い外見から「雪の妖精」と呼ばれる日本最小級の野鳥。その巣も丸く、集めたコケをクモの糸でぬいあわせて作る。 ■ワモンアザラシ(まるみ度★★★★) 丸すぎるボディーで話題になった海遊館の「ユキちゃん」はワモンアザラシ。北海道オホーツク海や北極圏付近に生息し、全長は120cm、体重は50kgとアザラシのなかでは小型。アザラシの体は凹凸が少なく凍傷になりにくいが、ワモンアザラシは鼻先が短いため、首を縮めると特に丸さが際立つ。 監修:新宅広二 1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。動物行動学と教育工学を専門にし、大学院修了後に上野動物園、多摩動物公園に勤務。国内外のネイチャー・ドキュメンタリー、動物バラエティー番組の監修を手がけるほか、動物園・水族館などの展示企画・監修を手がける。著書に「しくじり動物大集合」「もっとしくじり動物大集合」(永岡書店)、「いきもの寿命ずかん」(東京書籍)、「すごいぜ!! 動物スポーツ選手権」(辰巳出版)など。近作、映画「アース:アメイジング・デイ」、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」(主演・高橋一生)監修。

再生時間
00:01:20
配信期間
未定
タイトル情報
どうぶつトリビア season2
「どうしてそうなった?」ついついツッコんでしまいたくなるフシギな動物たちの生態や、あっと驚くエピソードが満載。知れば思わず誰かに教えたくなる「どうぶつトリビア」を動画でご紹介。