とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき
再生

ブラウザーで視聴する

とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

とろ〜り食感に心奪われる【濃厚!とろ生ティラミス】食べたら病みつき

まだ暑い日が続きますが、秋の食材が市場に並びはじめました。食欲の秋には旬の美味しい食材が沢山あり、秋の食事もとても楽しみです。少し気温が下がると、さっぱりしたものから「こってり」「濃厚」「重たい」味のものを好む傾向にあります。スイーツもさらっと食べられるフルーツ系から、濃厚なチョコレート系のものが比較的好まれるようになります。 今回は、濃厚でふわとろな「生ティラミス」のレシピをご紹介!とろとろとした食感が、一度食べたら病みつきに!外でティラミスを買えなくなるくらい、虜になる方も続出?!そのくらい自信のあるレシピになりました。 ティラミスは一般的にマスカルポーネチーズを使って作りますが、今回はスーパーでも簡単に入手できる「クリームチーズ」を使って作ります。多めに作って、一部は冷凍し、アイスティラミスとして食べるのもおすすめです。ぜひ、お試しください。 【材料】4人前 ■クリーム   クリームチーズ 200g   卵黄 2個   砂糖 40g   生クリーム 200ml  砂糖 大さじ2 ■コーヒー生地   ビスケット 100g   インスタントコーヒー 大さじ3   お湯 90ml ■トッピング   ココアパウダー 適量   ミント 適量 【作り方】 ①ビスケットを保存袋に入れて麺棒で叩き砕く ②インスタントコーヒーにお湯を加えて溶く  ①に加えて軽く揉んで馴染ませる ③クリームチーズ をハンドミキサーでクリーム状になるまでほぐす ④そこに砂糖と卵黄を加え、ハンドミキサーで混ぜる ⑤別のボウルに生クリームを用意し、砂糖を加える  氷水に当てながら7分立てにする ⑥⑤の生クリームを④のクリームチーズ のボウルに加え、ヘラで切り混ぜする ⑦容器に③のコーヒー生地を敷き、その上に⑥のクリームをのせる作業を2回繰り返す ⑧表面を整えたら、ココアパウダーを振りかける 【ポイント】 ・クリームチーズは常温に戻しておきましょう ・⑥の時、生クリームの泡を潰さないように切り混ぜしましょう ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《ガラスのデザート皿 持っておくと便利です!》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2u2r17lqr?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《お菓子作りの基本!テスコム ハンドミキサー》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/db5ab6c42e?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《鮮度おいしさそのまま!保存袋》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4ekv3602m?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:02:27
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。