とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適
再生

ブラウザーで視聴する

とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

とても高価な香辛料サフランを自家栽培してサフランライスを作ってみた 綺麗な花は観賞用としても最適

高価なスパイスとして名高いサフランを自家栽培して収穫、保存、料理に使う方法を紹介します。 サフランの球根を植える適期は秋です。 ■球根と用具選びのポイント■ サフランの球根はホームセンターやスーパーマーケットの園芸コーナー、ネット通販などで購入できますので必要量を用意します。 大きな球根ほど花はたくさん咲きます。 今回の動画で紹介している程度の大きさですと1個の球根に2〜3輪ほどの花が咲きます。 小さめの球根でも球根の直径が1.5cm程(親指の頭ほどの大きさ)あれば花1輪は咲かせることが出来ます。 それ以下の小さな球根では葉は出ますが花は咲きません。 植木鉢の面積に対する球根の数は植える球根同士が球根の直径と同じ程度離して植えられる数を目安に算出します。 直径15cm(5号鉢)なら球根3個程度、24cm(8号鉢)なら球根10個程度が目安となります。 植木鉢を選ぶ時の注意点は直径がどのようなサイズでも鉢の深さは20cm以上ある深いタイプの植木鉢を選ぶことです。 用土は市販の野菜用の培養土なら大抵の物が使えます。 ■植える時の注意点■ サフランの球根を植え込む時に注意することは深く植えることです。 植えた球根に小さな子供の球根が出来ることを分球と言いますが、サフランの場合、球根を浅く植えてしまうと、翌春に葉が枯れて球根が休眠に入る頃には元の大きな球根を残すこと無く数個の小さな球根に分かれてしまいます。 こうなると、翌秋はこの小さな球根からは葉は出ますが花は咲きません。 分球で出来た小さな球根が大きく太って花が咲くようになるまで2〜3年は掛かってしまいます。 翌年も花を咲かせたかったら球根の高さの3倍ほどの深さに深く植えて分球を防ぐ事が大切です。 勿論、花を咲かせるのは植えたその年だけで良いなら浅く植えても一向に構いません。 これは余談ですが、日本国内でのスパイスとしてのサフランの生産地では球根は土に植え込まずに棚に並べた状態で花を咲かせるのだそうです。 そのような事から球根を適当な皿などに置いておくだけでも涼しい季節になると花を咲かせてくれるようです。 このようにして花を咲かせた球根も花が咲き終わったら土に深植えすれば球根を太らせる事が出来るとの事です。 分球してしまった小さな球根があるようなら、今回の動画のように大きな球根の間に小さな球根を植え込んでいきます。 このようにすると球根はかなり過密しますが小さな球根は葉を出すだけで花は咲きませんので大きな球根の花咲きにはそれほど影響を与えずに小さな球根を太らせる事が出来ます。 ■収穫と乾燥■ 気温が涼しい日が続くようになると花を咲かせます。 土に植えた場合にはまず葉が出て、その後に花芽が付き花が咲くことが多いようです。 スパイスとして利用する部分は花の中にある赤い色をした糸のような形状のメシベだけです。 花が完全に開花したら赤い色をしたメシベを収穫します。 サフランのメシベは花1輪に3本の真っ赤なメシベが根本で繋がった状態で花の中心に付いています。 収穫の方法は花ごと摘んでしまい、摘んだ花からメシベだけを分離するのが最も簡単で手っ取り早い収穫方法です。 しかし、この方法ですとせっかく綺麗に咲いた花を楽しむことが出来ません。 花を鑑賞したいなら花を摘み取らずにメシベだけをハサミで切り取って収穫します。 尚、開花した花は数日後には萎れますが、花が萎れた後にメシベを収穫するのは、メシベもそれなりに萎れて傷んでいる事などの理由からお薦めはいたしません。 スパイスとしてのサフランを求めるなら萎れる前の新鮮な花から収穫するのが一番です。 収穫したサフランのメシベは天日乾燥します。 量が多い時はザルや網などに並べて、少量ならば洗濯ばさみに吊るして乾燥します。 完全に乾燥したら密閉できる容器に入れて、風味を保つために乾燥剤は使用せずに常温で保存します。 ■料理に使う■ 料理に使う時は乾燥したサフランを70度くらいの少量の湯に付けて色出ししてから使うと少しの量のサフランでも綺麗な金色が活かせます。 サフランライスに使うなら分量は米1合に対して花4輪分のサフランを、米が1合増えるごとに花2輪分を増量します。 米1合:花4輪分 米2合:花6輪分 米3合:花8輪分 と言った具合です。 尚、花1輪分とは3本1組になっている花1輪分のメシベの事です。 Yahoo!ショッピングでのサフラン球根の検索結果です↓ https://bit.ly/3kV7hij

再生時間
00:02:56
配信期間
未定
タイトル情報
健啖隊
「動画でアウトドア・レジャーを満喫」が健啖隊のメインテーマです。ここでは様々なアウトドアシーンで知っていると役に立つ知識や情報を動画で紹介します。特に魚釣りと釣った魚の調理・山野草・キノコは得意分野です。