とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ
再生

ブラウザーで視聴する

とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

とうぶん 【わがはい】ホオジロとジョウビタキ

動物はカワイイ。見ていてカワイイのは間違いないですが、それ以上にこちらの思い通りにならないところがたまらなくカワイイ。そんな全然いうことを聞いてくれない自分勝手な動物たちをただただ眺めるコーナー「わがはい」。自由に動き回る彼らをぼーっと見てみてください。今回は「ホオジロとジョウビタキ」。ホオジロ(頬白)はスズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。東アジアに広く分布し、顔の模様とさえずりが特徴的な小鳥である。シベリア南部、中国から沿海地方、朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する。日本では種子島、屋久島から北海道まで分布し、身近な野鳥の一つである。基本的に長距離の渡りはしない留鳥だが、北海道などの寒冷地では夏鳥として渡来繁殖し、冬季は暖地や南方へ移動する。成鳥は全長17 cmほどでスズメとほぼ同じ大きさだが、尾羽が長い分だけ大きくみえる。翼開長が約24 cm。成鳥の顔は喉・頬・眉斑が白く目立ち、「頬白」の和名はここに由来する。一方、頭・過眼線・顎線は褐色で、先の白色部と互い違いの帯模様のように見える。オスは過眼線が黒いが、メスは褐色なのでよく観察すると区別がつく。メスの方がオスよりも全体に色が淡い。幼鳥は顔の色分けが不鮮明で、全体的に淡褐色をしている。くちばしは短く太い円錐形をしている。頭頂部は褐色と黒の羽毛が混じり、短い冠羽がある。首から下は全体的に赤褐色だが、背中には黒い縦しまがあり、翼の風切羽は褐色に縁取られた黒色である。また、尾羽の両外縁2枚は白く、飛翔時に尾羽を広げるとよく目立つ。ジョウビタキはスズメ目・ツグミ科に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥である。チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。日本では冬鳥として全国に渡来する。体長は13.5-15.5 cm、体重13-20 g。スズメよりわずかに小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。分類説によって、ヒタキ科もしくはツグミ科に分類される。ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を空中捕獲で捕食する他、ツグミ類のように地上に降りることも多い。平地からの低山の明るく開けた林の中に生息する。冬の日本では人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。非繁殖期はオスメスともに単独生活を行い、縄張りを作って同種を排斥する習性があり、異性個体や鏡に映った自分の姿にも攻撃を加えるほどである。おじぎのような姿勢で鳴き声をあげて縄張り争いをする。しかし人間に対する警戒心はわりと薄く、3-4 mくらいの所に降り立つこともある。

再生時間
00:00:22
配信期間
未定
タイトル情報
とうぶん
「Internet is happy!」をテーマに甘いものを食べたときのような、ご機嫌な気持ちになれる動画やイラストをお届け中!