とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ
再生

ブラウザーで視聴する

とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

とうぶん 【わがはい】なんか不思議と癒やされるアユ

動物はカワイイ。見ていてカワイイのは間違いないですが、それ以上にこちらの思い通りにならないところがたまらなくカワイイ。そんな全然いうことを聞いてくれない自分勝手な動物たちをただただ眺めるコーナー「わがはい」。自由に動き回る彼らをぼーっと見てみてください。今回は「なんか不思議と癒やされるアユ」。アユ(鮎)はキュウリウオ目に分類される、川や海などを回遊魚。漢字表記としては、香魚、年魚、銀口魚、渓鰮、細鱗魚、国栖魚など様々な漢字表記があるまた、アイ、アア、シロイオ、チョウセンバヤ、アイナゴ、ハイカラ、氷魚など地方名、成長段階による呼び分け等によって様々な別名や地方名がある。アユの語源は、秋の産卵期に川を下ることから「アユル」に由来するとの説や神前に供える食物であるというところから「饗」に由来するとの説など諸説ある。現在の「鮎」の字が当てられている由来は諸説あり、神功皇后がアユを釣って戦いの勝敗を占ったとする説、アユが一定の縄張りを独占するところからつけられた字であるというものなど諸説ある。アユという意味での漢字の鮎は奈良時代ごろから使われていたが、当時の鮎はナマズを指しており、記紀を含めほとんどがアユを年魚と表記している。成魚の全長は30cmに達するが、地域差や個体差があり、10cmほどで性成熟するものもいる。若魚は全身が灰緑色で背鰭が黒、胸びれの後方に大きな黄色の楕円形斑が一つある。秋に性成熟すると橙色と黒の婚姻色が発現する。体型や脂鰭を持つなどの特徴がサケ科に類似する。口は大きく目の下まで裂けるが、唇は柔らかい。歯は丸く、櫛のような構造である。

再生時間
00:00:23
配信期間
未定
タイトル情報
とうぶん
「Internet is happy!」をテーマに甘いものを食べたときのような、ご機嫌な気持ちになれる動画やイラストをお届け中!