これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉
再生

ブラウザーで視聴する

これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

これぞ現代版ハンターカブ! CT125を速攻で詳細解説〈東京モーターショー2019参考出品モデル〉

ホンダが東京モーターショー2019出展する参考出品・コンセプトモデル『CT125』を公開! ヤングマシン編集部は事前撮影会に参加し、技術系広報さんを質問ぜめにして、この新型ハンターカブ・CT125について根ほり葉ほり聞き出してきました! どうやらこのモデル、水害の多いタイホンダが主導となって企画しているようですぞ!

再生時間
00:05:03
配信期間
未定
タイトル情報
ヤングマシン
1972年に創刊された日本の老舗モーターサイクルマガジン『ヤングマシン』。常にその時代の熱いバイク達を追い続け、最新モデル&アイテムの実証テストに定評がある。また、代名詞となる新車スクープはRG400/500Γ時代(1984年3月号掲載)から30年以上続いている名物企画で、業界内の生情報を独自追跡したものが主となっている。メイン読者層は50代とそのジュニア世代となる20代。ブランドタイトルの“ヤング”という単語はさすがに時代錯誤とはなったが、信条はバイク乗りの多くが持ち合わせている“ヤング・アット・ハート”だ。