きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4
再生

ブラウザーで視聴する

きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

きたがわ翔のアナログイラスト講座(67)アナログ in 大阪 トークショー 番外編その4

2019年11月3日(日) 大阪なんば紅鶴で行われたトークショーを数回に分割してお送りします。 ゲスト:萩原一至先生 第4回目 翔)〜緊張感があって面白い絵になるんだけど… 翔)なんかデジタルだと、緩〜く緊張感がない絵になってしまうんで 萩)アナログは失敗を誤魔化す事によって原稿が完成する 翔)そう 萩)これ以上やった地獄になるので、あきらめて投げ出す事によって(爆笑) 萩)これ以上やっちゃったら描き直す以外に(方法が)なくなってしまう分岐路に来る時がやっぱあって 萩)もう無理、もう無理、で、やめるなり…で。 萩)デジタルは果てしなく、やり直せるから  翔)うん 萩)むしろ、昔の画家の…こんな色合いにしたい…とか持ってきた写真も…こんな風な感じにしたいとか 萩)いつも右上の方か左上の方に貼っ付けておいて、そっから逸脱しないように塗ってはいるんだけど 萩)何故か、そうならないんだよね  翔)う〜〜ん… 翔)デジタル(作画)ね、凄いと思うし全然否定するつもりはないんだけど、なんか、ちょっと何となく俺には合わない所があって… 萩)アナログであんだけ描けてれば、別にいいでしょ(笑) 翔)いや、何か、その、例えば絵を展示するときに、やっぱデジタルの展示だとポスターみたいになっちゃうかなと思って 萩)そうだんだよ、生絵の方が絶対いいよー 翔)なんかホワイト修正とかある方が楽しいじゃん? 萩)絶対ある、それはあるよ 萩)今日もちょっとギャラリー見せてもらって 萩)まぁ、色んなもの描いてきたんだろうなぁと思ってたけど、そのー、カケアミの技能が最近 萩)ちょっと形が出来上がってきて  翔)うん 萩)ちょっとエポックな所に来てます、きたがわ翔は。やっぱ、そういう感じはあったんで。 萩)あのねー、展示されてた物の中でいくつか凄かった、特に凄かった物があるんですけど 萩)なんていうんだろ……これ…… 萩)絵描かない人が見て解るのかな…っていう事がやってあるの 萩)ですよ 萩)背景の薄いカケアミが上から塗った水彩絵の具か、そうじゃない絵の具なのかな、溶けて…あの……薄っすらと、ぼやけている… 萩)だからそれによって、絵の被写体深度っていうものの 萩)勿論、カケアミって元々ね、そういうものを表現する為のものなんですけど 萩)色がそれに乗った事によって余計深い被写体深度になっている 萩)ぶっちゃけ、あんだけ細かいカケアミが描ける人は 萩)筆で背景をそのまんま絵に描くように 萩)描いてもボカして描ける筈⁈じゃないですかね? 翔)まぁまぁまぁ…… 萩)その線、カケアミが入っているから 萩)これだ、これが漫画なんだよね  翔)うーん 萩)ていう感じで凄かった。 翔)まぁ、だから、漫画でやってきた技術を一枚イラストに込めてみようという狙いはあった 萩)ツイッターとかで乗っけてんの見ているけど、よくやる……凄いなコレ(笑) 萩)あれって、やった事ない人が今日真似してみようと思っても絶対出来ない事なんで 萩)カケアミって(習得するのに)何年かかかるよね 翔)うん、かかる 翔)まぁだから割と…どうやって描いているんですか?って言われても 翔)技術は俺、惜しげもなく教えるんだわ、でも、まぁ多分、出来るようになるまで10年ぐらいかかる(笑) 萩)まぁ教えたり見せたりする事が出来るんですけど 萩)それで出来るようになるかは、その人の… 翔)まぁ、そうなんだよ 萩)武道みたいだよね(笑)修練 翔)いやでもほら、昔から萩原さんってさ… 翔)なんだろ…その… 翔)結局…漫画家って最後は筋肉じゃね? 萩)そう筋肉だよね(笑) 萩)その話をしよう(笑) 萩)あの繊細なカケアミは筋肉が無いと出来ないんだよって 萩)話をしようと思ってて… 翔)そうなんだよ 翔)だからよく絵柄とのギャップで言われるんだけど 翔)いや!あれはこの身体で描いたんだよ!って何度も言っているんだけど(笑) つづく 次回でトークショーの動画は最後です。 次回の動画には萩原一至先生への質問コーナーがあります。 お楽しみに。 〜〜〜〜〜〜 きたがわ翔の動画シリーズを気に入って頂けたら、是非とも +フォロー のボタンをクリックして下さいね! 宜しくお願い致します。

再生時間
00:03:33
配信期間
未定
タイトル情報
きたがわ翔
1981年、中学2年生のときに少女誌『別冊マーガレット』(集英社)"番長くんはごきげんななめ"でデビュー。別マに投稿した理由は、姉が愛読していた事と応募した原稿を全部批評して返却してくれるシステムがあった為。1986年からは活動の場を男性誌である『週刊ヤングジャンプ』(集英社)を中心に移し、その後は多様な誌面に掲載。"きたがわ"の由来は出身地伊豆北川の説があるが実際には違う。真相は...?最年少デビューから現役漫画家としての活動期間は33年を超えている。現在、活動と共に蓄積してきた精密描画技術を駆使した新たな芸術作品作りに励んでいる。