お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる
再生

ブラウザーで視聴する

お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

お腹の動きでウイルスに負けない身体をつくる

ジムに行かなくても大丈夫!私があなたのパーソナルトレーナーだよ。 今日はお腹を大きく動かす事でウイルスに負けない自己免疫機能を強くしていきましょう! 私たちが当たり前のようにしている呼吸も、その呼吸が大きくなる事で内臓の動きが活発になっていきます。 内臓が活発に動くと言う事は、栄養の分解、吸収が上手に行われ、心臓から末端にかけて血液を送る力が強くなると言う事です。 私たちの身体は心とも深く関わっています。あなたがストレスを抱えたり、気分が落ち込んでしまうと、内臓の動きが衰えていきます。 ストレスを感じると言うことは、一生懸命に目の前の事に対応している姿勢です。どんな事であっても自分を責めないでください。 私たちは間違えることもあるし、成長する事も出来ます。自信をなくてしまう事もあるし、頭が真っ白になってしまう事もあるでしょう。 心が疲れているかもしれない…と少しでも思う時は、このエクササイズを試してみて。身体も心もポカポカになるはず。 【やり方】 ①四つん這いになり、肩の真下に手首、お尻の下に膝を置く。 ②吸いながら腰を反るように、お腹の力を抜く。吐きながら、背中を丸くし、お腹を凹ます。1分間 ③お腹を伸ばすように右手を前方へ伸ばす。肘を曲げ背中を丸め、肘をおへそに近づける。左右6回ずつ 伸ばす時に→吸う 引く時に→吐く ④ お腹を伸ばすように右脚を後ろへ伸ばす。膝を曲げ背中を丸くしながら膝を胸に近づける。胸に近づけた所で1秒止める。左右6回ずつ 伸ばす時に→吸う 曲げる時に→吐く 【こんな方にオススメ】 ・運動不足の方 ・風邪を引きやすい方 ・胃の調子が悪い方 ・便秘がちな方 ・緊張しやすい方 ・悩みやすい方 ・ポッコリお腹の方 ・腹筋をすると首が痛い方 ・PMS、更年期の症状がある方 ・冷え性の方 ・猫背の方 今年は今までで一番元気な年にしよう!

再生時間
00:00:45
配信期間
未定
タイトル情報
HIIT ME FIT
幼少期から器械体操をしてきました。成長期の骨や関節に負担を掛けることもあり、15歳の時にはO脚、扁平尻の土偶の様なスタイルになってしまいました。15歳でヘルニアを経験し5年間運動から離れ、落ちた筋肉は20代とは思えないスタイル、セルライトの塊でした。流行りのスタイルに憧れ、自己流ダイエットで何度も痩せてはリバウンドを繰り返し、最後には摂食障害になってしまいました。その後、正しいダイエット、運動をする事で心身ともにダイエットを成功することが出来ました。一人でも多くの子が私と同じような摂食障害を経験しないように、必要な人に私の知識や経験が役に立つように出来ることをしていきたいと思います。