お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」
再生

ブラウザーで視聴する

お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

お取り寄せで自宅で熱々。自家製そぼろこんにゃくが味の決め手、京都嵐山名物のむら「どこでもねぎ焼き」

こんにちは。 お取り寄せ生活研究家aiko*です。 今日ご紹介するお取り寄せは「ねぎ焼き」です。 ねぎ焼きにあまり馴染みがないという方は地域によってはいらっしゃるかもしれません。 お好み焼きに似ていますがもう少しおやつ感覚でも食べられているものです。 キャベツではなく大量のネギが入っているのが特徴で、 戦後、子供たちの空腹を満たすためにお小遣いでも食べられるようにと駄菓子屋さんが 小麦粉をといて焼いていた一銭洋食がルーツと呼ばれている関西のねぎ焼きです。 そんなねぎ焼きが名物となっているのが京都嵐山の「嵐山のむら」。 嵐山に訪れた際に食べた、行ったら必ず食べるなんていう声を聞くこともあるファンが多いねぎ焼きです。 ・九条ねぎ ・生地 ・そぼろこんにゃく ・天かす ・ソース ・紅生姜 ・ちくわ ・ごま ・刻み海苔 ・削り粉 卵以外のすべての材料が入っていて包丁もいりません。 あとはお店のレシピで焼くだけです。 お店で焼かれている様子を動画でもみることができますので、 自宅で「ねぎ焼き屋さん」になったつもりで手際よく焼いていきましょう。 ちょっと小腹が空いた時にも、軽めのランチにもちょうど良いボリュームです。 ホットプレートならお子様でも楽しく焼けるのではないでしょうか? お店で食べた方も、ねぎ焼きってなんだろう?と思われている方も ぜひぜひ一度お取り寄せしておうちで楽しく焼いてみてくださいね。 ■参考情報/嵐山のむら 【基本セット】ねぎ焼き4枚分材料「どこでもねぎ焼き」 他にもたくさんのお取り寄せをご紹介しています。 ぜひプロフィールのところから、または関連動画から過去の動画もぜひご覧ください。 お取り寄せって全国の美味しいものが自宅に届いて楽しそう! でも実際にどんなふうに届くの? 梱包は?贈り物にできる?どんな味?と ちょっと気になったりしますよね。 これからも動画でそのあたりをお伝えできればいいなと思っています。 お取り寄せ生活研究家 aiko* お取り寄せ歴は20年以上。 料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。 自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌など各メディア活動中です。

再生時間
00:01:44
配信期間
未定
タイトル情報
aiko*
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。