おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ
再生

ブラウザーで視聴する

おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

おかわりJAPAN 無水鍋(ベストポット)を使った豚肉と白菜のミルフィーユ鍋レシピ

どうも~日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPANの長船です。 本日も料理人の桑折氏に考えてもらったご飯に合うおかずレシピをご紹介します。 旬の食材白菜と大根を使った「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」レシピをご紹介。 今回の「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」レシピには2つのこだわりポイントがあります。 1つ目が大根をみぞれ状にしていれること。 2つ目がベストポットという無水鍋を使って作るということです。 まず大根をすりおろしていれることで大根のほんのり苦みが加わり味が引き締まります。 つぎに無水鍋を使って作ることで野菜の旨味と豚肉の旨味をダイレクトに、 さらに栄養価も逃がさず味わうことができます。 今回使用するベストポットは蓄熱調理ができるので、 まず10分間火にかけたら、あとは火を消して鍋全体が保持している熱のみで調理の続きをしてくれます。 蓄熱調理することでガス代も抑えられるし、火に注意を払う必要もなくなります。 なんとも便利な蓄熱・無水鍋…それがベストポット。 それではベストポットを使った「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」レシピをご紹介します。 【1】材料 豚肉…250g 白菜…500g 大根…100g 本だし…5g 塩…少々 【2】作り方 :白菜をはがし、豚肉と白菜を4~5回交互に積み重ねていく。 :5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰めていく。 :大根をすりおろす。 :すりおろした大根を軽く丸めて<2>の上におく。その上に本だしと塩をふりかける。 :蓋をしめて、強火で沸騰させる。 :沸騰して10分たったら火を止めて20分蓄熱調理。 以上で完成です。 【3】感想 ●大根をすりおろして入れることで、ほんのり苦みとさっぱり感をプラス。(桑折) ●溢れでる野菜と豚肉の濃厚な旨味。これだけ十分いけます!  物足りない方や濃い味をお求めの方はお好みでポン酢をかけて召し上がりください。(長船) ●さっぱりしていますが、ご飯に合うおかずでもあります。(長船)

再生時間
00:01:28
配信期間
未定
タイトル情報
おかわりJAPAN
北は北海道・南は沖縄まで日本各地のご飯のお供や、だれもが知っているご飯のお供をより楽しむためのアレンジレシピなど、ご飯のお供に特化した情報を発信するサイトおかわりJAPANを運営。今まで食べたご飯のお供の種類は900種類以上。ご飯のお供マニアとしてテレビ・雑誌・ウェブメディアでの出演も多数。
GYAO! 広告

映像一覧