いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』
再生

ブラウザーで視聴する

いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

いいね!信州スゴヂカラ #255『街中が芸術館 ~松本まちなかアートプロジェクト~』

まで

城下町・松本、まちなかには多くの作家の作品があふれています。 古くから商人の町として民芸品が生活に密着しており、職人がこの地に集ってきました。 2015年に京都から移住してきた大曽根俊輔さん。文化財修復で培った乾漆技法による動物をモチーフとした彫刻を作っています。その作品が松本のまちなかにある商業施設で見ることが出来ます。 「パルコde美術館」は、まちの活性化を目的とした松本まちなかアートプロジェクトの目玉として現在、改修工事のため休館している松本市美術館が、松本パルコの最上階に期間限定で開いています。タイトルは「つながる箱」。 松本市出身の世界的前衛芸術家・草間彌生さんをはじめ、さまざまなジャンルで活躍する12名の作家の作品を2022年2月まで展示しています。 そのパルコの屋上に空間芸術を生み出すライトアーティスト・千田泰広さんの作品があります。「意図をなくそうとするのが意図」と話す千田さんの作品は素材の良さを一番に出るように作られています。松本市で唯一美術家があるエクセラン高等学校の美術教諭、小林努さんも作品展示に向け制作中。 中心市街地の魅力を発信する「松本まちなかアートプロジェクト」では、所蔵しているアート作品を展示・公開している店舗や、特徴的な建物や看板の店舗なども紹介。 お菓子の開運堂では、棟方志功が描いた絵画を見ることが出来ます 。 いいね!信州スゴヂカラ https://www.abn-tv.co.jp/sugodikara/

再生時間
00:23:45
配信期間
タイトル情報
いいね!信州スゴヂカラ
abn長野朝日放送のアナウンサーが全力プレゼン! 信州(長野県)のスゴさ・底ヂカラを発掘! 日々取材に全力を注いでいるアナウンサーだからこそ知っている長野県の魅力(観光・自然・食・温泉・老舗など)!その秘密を解き明かします。