いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』
再生

ブラウザーで視聴する

いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

いいね!信州スゴヂカラ #240『閉店乗り越えた老舗の味!』

まで

後継者不足などで閉店してしまう食堂がある一方、持ちこたえてその味を守りつづけている店もある。今回、存続の危機を乗り越え老舗の味を受け継いだ店を深掘りする。 上田市の「べんがる」は1964(昭和39)年両澤洋介さんが創業したカレー専門店で長きに渡り常連客に愛される名店のひとつ。2代目の斎藤繁夫さんが2019年2月に厨房で倒れ、半年の間閉店。後継者に名乗り出た常連客もいたが、初代シェフの甥の藤澤和幸さんが3代目を引き継ぐことで、名店の味は復活した。 松本市の「CAFFE BAR空(くう)」のメニューにラーメンがある。オーナーの百瀬昌伸さんは「らーめん札幌」創業者の孫。らーめん札幌は1965(昭和40)年に繩手通りで創業した名店で松本中央劇場の隣りにあった。中劇の閉館とともに近所に移転し2015年閉店。その3年後、名店の味が曜日限定で復活した。 「べんがる」には受け継がれた名物メニューがある。チキンクリーマーカリーは店一番の辛さ。これしか頼まない常連客もいる。またカレーソースを使ったべんがるハンバーグもならでは。「CAFFE BAR空」で曜日限定ラーメンを頼む常連客の中で創業時からある「てんぷら」をトッピングが人気だとか。

再生時間
00:24:00
配信期間
タイトル情報
いいね!信州スゴヂカラ
abn長野朝日放送のアナウンサーが全力プレゼン! 信州(長野県)のスゴさ・底ヂカラを発掘! 日々取材に全力を注いでいるアナウンサーだからこそ知っている長野県の魅力(観光・自然・食・温泉・老舗など)!その秘密を解き明かします。
GYAO! 広告

映像一覧