【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ
再生

ブラウザーで視聴する

【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

【鍋のマナー】鍋料理のマナーと美味しくいただくコツ

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 アツアツがおいしい鍋料理。 「鍋奉行」という言葉がありますが、美味しく食べるコツがあるのをご存知ですか? 鍋を囲むときに知っておきたい鍋料理のマナーと、美味しくいただくコツについて、ご紹介します。 ・具材を入れる順番 だしの出るもの→固いもの→火が通りやすいものの順に入れます。 まず、エビや鶏肉など、だしの出るものを入れます。 次に、大根や白菜の芯など、火が通るのに時間がかかるものを入れます。 再び全体が温まったら、だしを吸わせたい豆腐を入れます。 最後に、きのこや葉物野菜など、サッと火が通るものを入れます。 この順番で具材を入れると、全体が調和し美味しく仕上がります。 豚肉・牛肉の薄切りや牡蠣は、煮すぎると固くなります。 サッと火を通していただきましょう。 ・「探り箸」はNG 目的の具材を取るために、箸で具材を探す「探り箸」はNGです。 ・盛り付け方 下に野菜を、上にメインになる肉やエビなどを乗せます。 こんもりと、山型に盛ると美味しそうに見えます。 ・器の扱い 取っ手のついた器のことを「とんすい」といいます。 とんすいは、四本の指で底を支え、親指をふちに添えて持ちます。 取っ手部分だけを持つと、不安定なので気をつけましょう。 ・人に器を渡すときは とんすいを人に渡すときは、取ってが左側になるようにして渡しましょう。 以上、鍋料理のマナーをご紹介しました。 ぜひ、アツアツを楽しんでくださいね。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:48
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。