【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー
再生

ブラウザーで視聴する

【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

【日本酒のマナー】お酌の基本から、ツウだけが知っている方法も!日本酒のマナー

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 お酌の基本から、ツウだけが知っている方法まで、日本酒のマナーをご紹介します。 ◆盃は両手で持つ お酌を受けるときは、必ず両手で盃を持ちます。 座卓に置いたまま、お酌を受けるのは不作法にあたります。 盃は、親指と他の四本指ではさむように持ち、もう片方の手を底に添えると、所作としてキレイです。 ◆お酌を受けたらひと口飲んでから置く お酌を受けたら会釈で御礼をしましょう。 お酌を受けた盃に口をつけずに座卓に置くのはNGです。 必ずひと口飲んでから置きましょう。 ◆徳利の持ち方 徳利は、右手の甲を上にして持ち、左手を下から添えます。 左手は、注ぎ口に近いところに添えるとキレイです。 徳利の下から両手で持つのは「逆手注ぎ」という不作法です。 かうて、罪人が最後の盃を飲むときに、逆手注ぎをしたという説があります。 ◆注ぎ終わりは、注ぎ口を手前に回して垂れ防止 注ぎ終わりは、お酒が垂れないように、注ぐ口を手前にひねるとGOOD! ◆徳利の中を見ない、徳利を振らない お酒の残量を確認するために、徳利の中をのぞきこむのは「のぞき徳利」という不作法です。 また、徳利を振って確認するのも「振り徳利」という不作法です。 ◆これを知っていたらツウ!注ぎ口の細いほうを上にする 注ぎ口の細いほうを上にして注ぐ方法もあります。 こうすると、注ぎ口が「宝珠」という宝の玉の形に似て美しいので、おもてなしのためにこの方法をとるという説もあります。 以上、日本酒のマナーをご紹介しました。 ※マナーには諸説あり、また、地域・歴史・文化等により変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことをご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。