【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ
再生

ブラウザーで視聴する

【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

【和菓子のいただき方】もなか・大福・練り切り、マナー講師がお勧めする和菓子を上手にいただくコツ

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。 もなか・大福・練りきりなど、日本人にお馴染みの和菓子を上手にいただくコツについてお伝えしますね。 【もなか】 もなかは、菓子皿の上、なるべく低い位置で、ゆっくり割るとかけらが出にくいです。 ひと口大よりやや小さめに割ると、口の中で皮と餡がなじみ、食べやすいです。 【大福】 大福は、優しくつまむように持ってください。 菓子皿の上で、余分な粉をトントンと落とします。 粉落ちが気になるときは、二つ折りにした懐紙で受けます。 もう片方の手で粉を受けようとする動作は、「手皿」いとう不作法とされていますのでご注意くださいね。 【練り切り】 白あんをベースに作られた、季節感を表した和菓子を練りきりといいます。 練り切りは、黒文字(菓子楊枝)でいただきます。 和菓子などに添えられた、樹皮のついた楊枝のことを、黒文字(菓子楊枝)といいます。 黒文字は、その名のとおり、クロモジの木から作られた楊枝です。 クロモジの木は、とても香りがよいのが特徴です。 練り切りは、日本の季節感を表した、とても美しいお菓子です。 和菓子職人さんの技の結晶でもありますので、ぜひ、その見た目と風情を楽しんでください。 小さく切ってから、黒文字に刺していただきましょう。 以上、和菓子のいただき方についてご紹介しました。 ※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。 最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なることを、どうぞご了承くださいませ。 * 企画・制作 アカデミー・なないろスタイル マナー講師 樋口智香子 http://www.nanairostyle.jp/ 撮影協力・スタジオ提供 Photogenic よしだひでお https://www.photogenic-st.com/

再生時間
00:00:44
配信期間
未定
タイトル情報
樋口智香子
マナー・コミュニケーション研修講師。千葉県出身、元資生堂ビューティコンサルタント。NLP心理学とマナーをかけ合わせた独自のプログラムにより、セミナー・研修を実施。全国150か所から招致され、指導人数は延べ10000人以上。女性限定でビジネスからプライベートまで総合的にマナーを学べる「愛されマナー講座」が好評。