【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門
再生

ブラウザーで視聴する

【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

【万年筆インク】2020年限定!銀座蔦屋書店 江戸の和菓子色シリーズ/bechoriのレタリング入門

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。 動画をご覧頂きありがとうございます。 今回は銀座蔦屋書店さんの2020年限定インク、 江戸の和菓子色シリーズを紹介です。 <銀座蔦屋書店さん HP> https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/g-tsutayabooks/item/gstn10951a/ 今年で第4弾の「江戸色インク」シリーズ。 2020年は江戸の和菓子色をモチーフにした 3色が展開されています。どれも和風で渋い 色合いがたまりません・・! 各色の特徴を下記に解説してまいります! ①金平糖 書きたては少しくすんだ赤寄りの紫色。 乾くと明るみが出てピンクのようにも にも見えてきます。どこか懐かしい色合いは 金平糖の優しい味を連想させます。 ②小豆粉落雁 少し明るめの優しい茶色のインク。 伸ばして書くと濃淡が現れますが。 乾いた箇所は琥珀色のような輝きを放ちます。 落雁とは米などから作った澱粉質の粉に 水飴や砂糖を混ぜて着色し、 型に押して固めて乾燥させた干菓子のこと。 小豆粉落雁はもろこしのことを指します。 ③扇落雁 書きたてはすこし淡いくすんだ緑色のインク。 紙に定着するとマットで落ち着いた、 渋さが際立つ緑色へと変化します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー どの色も和菓子の優しい色合いをインクの 色味と濃淡で絶妙に表現しています。 普段使いにも使える色合いも嬉しいですね。 色もさることながら、パッケージもかわいい! お土産などにも喜ばれそうです。 こちらは今年の数量限定インク。 オンラインでも購入可能なので 気になる方は早めにチェックを! <使用画材> ・ガラスペン HASE硝子工房  ・つけペン ブラウゼ オーナメントニブ 3mm ・ペン軸 カランダッシュ ・紙 神戸派計画 グラフィーロ

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bechori
2016年から独学でレタリング・カリグラフィーを始め、InstagramやTwitterで作品を投稿。身近なものから本格的なものまで、様々なペン・画材を使っていろいろなスタイルの文字を書いています。手書きならではの温かみと味わいが改めて見直され、日本でも最近注目を集めているレタリング・カリグラフィー。初めての方でも試してみたくなるちょっとしたアイデアとコツ、手書きの楽しさをお伝えします。著書『bechoriのカラフルハンドレタリング』(メイツ出版)発売中