【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門
再生

ブラウザーで視聴する

【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

【万年筆インク】怖くない!万年筆インクの入れ方/bechoriのレタリング入門

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。 今回は万年筆のインクの入れ方をご紹介します。 インクや万年筆に興味はあるけど どうやってインクを入れるのかわからない‥ という方も少なくないのではないでしょうか。 万年筆自体に敷居の高さを感じている方も いるかもしれませんが、実際の扱い方は とてもシンプルで簡単です。この動画で 実際にインクを入れる手順をご覧ください。 <手順> ①万年筆本体、コンバーター、インク瓶を用意 コンバーターとは小さな吸入器のこと。 内部のピストンを上下させることでインクを 吸入することができます。 コンバーターは万年筆購入時に一緒に ついてきたり、別売りだったりします。 また、メーカーによって使えるコンバーターが 異なります。お使いの万年筆に使える コンバーターを用意しましょう。 ※一部のコンバーターはピストン式では ないものもあります。 ②コンバーターをペン先の根本に装着する 万年筆本体を分解しペン先の根本につけます。 少し押し込んでしっかり固定させます。 ③コンバーターのピストンを下げる コンバーターのつまみを回し中のピストンを 一番下まで下げておきます。 ④ペン先をインク瓶に首まで浸す 首まで浸すのがポイント!浸すのが浅いと インクを十分に吸い上げることができません。 目視でよく確認してしっかりペン先を浸します ⑤コンバーターのピストンを上げてインクを吸う ④の状態をキープしたまま、コンバーターの つまみを回しピストンをゆっくりあげます。 すると内部にインクが吸い上げられてゆきます。 十分な量が吸えない場合は④の状態に戻し、 再度吸わせてみましょう。何度か繰り返すと コツがつかめます。 ⑥ペン先についたインクを拭き取り組み立てる。 余分なインクをティッシュなどで丁寧に拭き取り 万年筆を組み立てます。これで完了です。 紙に試し書きをしてみてインクがしっかり出るか 確認してみましょう。 一度やってみると簡単なのですが、初めてだと ちょっとドキドキするかもしれません。 メーカーによってはもともとの吸入量が少ない ものもあるのでマメに吸入するのがオススメです。 好きな色のインクを使うと文字を書くのが ますます楽しくなるはず! ぜひ参考にしてみてください。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング ・PILOT kakuno 本体 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq1hmhd ・コンバーター con-40 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq1j2a2

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bechori
2016年から独学でレタリング・カリグラフィーを始め、InstagramやTwitterで作品を投稿。身近なものから本格的なものまで、様々なペン・画材を使っていろいろなスタイルの文字を書いています。手書きならではの温かみと味わいが改めて見直され、日本でも最近注目を集めているレタリング・カリグラフィー。初めての方でも試してみたくなるちょっとしたアイデアとコツ、手書きの楽しさをお伝えします。著書『bechoriのカラフルハンドレタリング』(メイツ出版)発売中