【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門
再生

ブラウザーで視聴する

【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

【万年筆インク】不思議だけど美しい!海の生物シリーズ ウミウシインク/bechoriのレタリング入門

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。 本日も動画をご覧頂きありがとうございます。 今回はKINGDOM NOTEさんのオリジナルインク ウミウシインク2色をご紹介いたします。 <KINGDOM NOTE> https://www.kingdomnote.com KINGDOM NOTEさんは新宿に店舗を構える 高級筆記具を扱う専門店。オリジナルインクも 個性的なものが豊富に揃っています。 いろんなシリーズがある中で、 この海の生き物シリーズ、とくにこの ウミウシシリーズはユニークで面白い! その中から夏にピッタリな2色ご紹介します。 ①シンデレラウミウシ 名前の由来は諸説ありますが、 シンデレラが忘れたガラスの靴のよう、と 名付けられたとされています。 色味はパステルトーンの優しい紫色。 書きたてはみずみずしいですが、乾くと徐々に 紫の中にほんのと青色が出現します。 これはシンデレラウミウシの体の色が 青から紫にグラデーションしているのと そっくり・・! インクを拭き取ったティッシュで見ると 紫を縁取るように青色が現れます。 何度見ても不思議な色合いです。 ②シモフリカメサンウミウシ この長い名前の由来は、このウミウシの 背面に黒と黄色の線で独特な模様があり、 これが亀に似ていることから名付けられたそう。 体色が青緑から青色なのをインクで表現。 書きたては爽やかなターコイズブルーですが 乾くと徐々に緑味を帯びた色に落ち着きます。 この2色の組み合わせはユニコーンカラー。 それぞれ単体で書いても美しいですが、 コンビで使うとなおいっそう綺麗に見えます。 これで文字を書けば涼しげな気分になれそうです。 この動画がいいなと思ったらフォローといいねを 頂けると嬉しいです! ■参考情報/Yahoo!ショッピング ・神戸派計画 グラフィーロ A5 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44n8n6osd ・SAKAEテクニカル トモエリバー https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4es0mumt9 ・共栄プラスチック 硬筆用ソフト下敷き https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gef7ms5c <その他使用画材> ・ガラスペン 哲磋工房 ・つけペン ブラウゼ オーナメントニブ 3mm ・ペン軸 カランダッシュ

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bechori
2016年から独学でレタリング・カリグラフィーを始め、InstagramやTwitterで作品を投稿。身近なものから本格的なものまで、様々なペン・画材を使っていろいろなスタイルの文字を書いています。手書きならではの温かみと味わいが改めて見直され、日本でも最近注目を集めているレタリング・カリグラフィー。初めての方でも試してみたくなるちょっとしたアイデアとコツ、手書きの楽しさをお伝えします。著書『bechoriのカラフルハンドレタリング』(メイツ出版)発売中