【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門
再生

ブラウザーで視聴する

【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

【万年筆】その作業も美しい…1分でわかる万年筆の洗い方/bechoriのレタリング入門

こんにちは!レタリング作家のbechoriです。 今回は万年筆の洗い方を1分で解説します! 万年筆の洗浄は、主に中のインクを変えたり 書き心地が悪いとき、1ヶ月以上長期間 使用しないとき、などに行います。 万年筆は手入れが面倒と思っている方も いるかもしれませんが洗浄の基本は水洗い、 手順さえ知ればとても簡単です。 万年筆インクを楽しむ上でも欠かせない 作業なのでぜひ参考にしてみてください。 (動画はコンバーター式万年筆を使用) <手順> ①透明なカップに水かぬるま湯を用意する 透明なカップだと作業時にどの角度からでも 洗浄具合が見えるので便利です。 カップはプラスチック製をおすすめします。 なにかの拍子で底にペン先がぶつかったとき、 ガラスなどの硬い素材のカップだと ペン先が破損する可能性があるためです。 ペン先が破損すると文字が書けなくなります。 ②ペン先にコンバーターを装着したまま水に首まで浸す ③そのままコンバーターのピストンを上下させ中のインクを出す コンバーターに残ったインクが出てきて 水に溶けだします。 ④中のインクが出なくなるまで繰り返す 必要なら途中で綺麗な水に変え、中のインクが でなくなるまで③の作業を繰り返します。 ⑤ペン先とコンバーターを綺麗な水に一晩浸ける 一晩つけると各パーツの奥に入り込んだ インクも水に溶け出し綺麗になります。 ⑥水からペン先とコンバーターを取り出す ⑦柔らかい布などで水気を丁寧に拭き取る このときまだインクが残っている場合もあるので 目視で確認しつつ、必要なら再洗浄します。 ⑧自然乾燥させて水分を完全にとばす ⑨各パーツを組み立てて元に戻して洗浄完了 一晩水に浸け置きするので多少時間は かかりますが、各作業自体はさほど難しく ないので初めてでも思った以上に簡単です。 各パーツを取り扱うとき、特にペン先を ぶつけたり落としたりしないよう要注意です。 万年筆の洗い方をマスターすれば気軽に いろんな万年筆インクがさらに楽しむことが できます。ぜひ参考にしてみてください。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング ・PILOT kakuno 本体 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq1hmhd ・コンバーター con-40 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4elq1j2a2

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
bechori
2016年から独学でレタリング・カリグラフィーを始め、InstagramやTwitterで作品を投稿。身近なものから本格的なものまで、様々なペン・画材を使っていろいろなスタイルの文字を書いています。手書きならではの温かみと味わいが改めて見直され、日本でも最近注目を集めているレタリング・カリグラフィー。初めての方でも試してみたくなるちょっとしたアイデアとコツ、手書きの楽しさをお伝えします。著書『bechoriのカラフルハンドレタリング』(メイツ出版)発売中